Top
illustration works 25
b0115008_3495493.jpg

少しずつ町は、桜色に染め上げられています。気づけば東京で、10度目の春を迎えます。10年いてもやっぱり東京って街は、ホームではなくアウェイです。野次やブーイングに睨みをきかせ、唾を吐き捨て、肩を怒らせて、ゴールが遠いピッチに立っている、そんな感覚です。大声援に後押しされ、実力以上の力が出せるホームには、きっとずっと成りえません。そう考えると、高校卒業までの17年間を過ごした香川が、僕にとってはやっぱりホームです。自由に走り回れる場所です。それともうひとつ、生まれ故郷であり、大学4年間を過ごした石川県もまた、僕にとってのホームなのかもしれません。

そんな石川県とは大学卒業を機に、あまり関わりがなくなりました。この9年間で両手で足りる程しか足を運んでいないし、いつでも帰れる場所ではなくなりました。それでも、高校野球や高校サッカーでは石川のチームも応援するし、天気予報は無意識に石川の天気を見たりもします。それくらい僕の中では大切な場所なんだと思います。

30歳を過ぎフリーランスで活動をはじめ、いろいろな人と出会いました。そんな中、石川出身の友達が出来ました。一昨年、彼の地元の祭りに遊びに行ったことで、また僕と石川との距離が少し近くなったように思います。昨年の片山津温泉のお仕事もそう、今回の白山美川のお仕事もそう。縁やコネと言ってしまえばそれまでですが。目には見えない不思議な力が、ちょっとした気まぐれで、ギュッと結びつけてくれたのかな、と思ったりもします。

ということで、ホーム、石川県のお仕事。『白山美川ふくさげ祭り』で販売されていた、『ふくさげ弁当』のランチョンマットを制作させていただきました。普段のお仕事とは、全然違うタッチのイラストですが。やっぱりホームだと、実力以上の力が発揮されるのかもしれません。
 
Client : 美川商工会
Media : ランチョンマット & 包み紙
 
 
 
[PR]
by monday_panda | 2013-03-22 01:09 | works【 illust 】
<< illustration wo... illustration wo... >>



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda