Top
ライフイズビューティフル。
世界はときどき美しい

監督:御法川修
キャスト:松田美由紀・柄本明・片山瞳・松田龍平・市川実日子

監督の名前も知らない。トレーラーなんかも見たことがない。
ただ、ビデオ屋で手にした時の、パッケージに惹かれて借りてしまった。
ジャケ買いならぬ、ジャケ借り。もしくはタイトル借り。タイトルがいい。
”ときどき”ってのがいい。

『世界はときどき美しい』『バーフライ』『彼女の好きな孤独』
『スナフキン リバティ』『生きるためのいくつかの理由』
の5つの短編から成るアンソロジームービー。

全編8mmフィルムで撮影したことで、デジタルなんかにはない、
ざらざらとしたやわらかい質感や、あまく滲むようにボケたピン、
画から溢れそうな鮮やかな色彩。色調。が強く強く印象に残る。
映像がとても綺麗。懐かしい。”ノスタルジック”という枠に
収めようとするいやらしい、わざとらしさもなく、必然。
映画の脚本というよりも、エッセイ、詩集、を読んでいるような。
ノンフィクション、ドキュメンタリー番組を見ているような。
映画と分かっていても、画面に映る人物の日常が、そのままどこかで
続いているような。そんな感覚。

いい作品。

きっと本当は ”世界はいつも美しい”けど、人は ”ときどき”しか
美しいってことに気がつけないんだと思う。そう思う。

b0115008_2171331.jpg

[PR]
by monday_panda | 2008-01-21 23:51 | movie | Comments(2)
Commented by QJ at 2009-01-24 01:50 x
TOKYO SORAっていうビデオ借りたことあるんやけどそれもなんだか演技しよるように見えなくて、普通にその人の日常を撮ってるみたいだったわ。
なんかつらいことがあったり、うれしいことがあったりしたときに気づくんかな。美しいって。
Commented by monday_panda at 2009-04-04 01:08
QJさん・・・tokyo.sora僕も見ました。演技なんかアドリブなんか分からんよな。ほんまに。石川寛監督の作品で『好きだ、』って映画もあるんやけど、それもよかったですよ。
<< キオク。 あたらしいとし。 >>



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda