Top
カテゴリ:football( 9 )
奇跡の傍観者。
 成人の日。毎年恒例になりつつある、全国高等学校サッカー選手権大会の決勝戦を観戦するため、聖地国立へ向かう。高校のサッカー部の友人と国立競技場駅で待ち合わせる。今年はたったの二人。なんだか毎年人数が減っていっているコトが淋しくてならない。昨年、一昨年は雪がチラつく中でのガタガタ震えながら拝んでいたけれど、めずらしくこの日は太陽が南の空の低い所で存在感を放っている。正面から眩しい程の陽射しを浴びて、眉間にしわを寄せながら、白く反射するピッチの上を跳ね回る丸い影と生き生きと躍動する影をを追いかける。
b0115008_555258.jpg
 一昨年の大迫の出場した大会程ではないにしろ、キックオフの時間に合わせて、だんだんとスタンドは人で埋まってゆく。滝川第二VS久御山。高校サッカーファンからすれば、滝川第二はかなりのメジャーどころ。対する久御山は、初めて名前を聞く高校。84回大会、彗星のごとく現れ『セクシーフットボール』を掲げ優勝までかっさらって行った野洲高校と少し重なる。こういう無名だった高校が一試合ごとに知名度を上げ、自信と信頼と実力を身にまとい、聖地へ辿り着くプロセスを目の当たりに出来るのも、プロにはない高校サッカーの醍醐味である。もちろんこの日は『公立の星』である久御山側のスタンドから声援を送る。
b0115008_5553618.jpg
 久御山ペースで展開されていたゲームも、試合巧者、経験の差からか、徐々に滝川の要所要所でのプレーが活き始める。一歩の差、一瞬の気の緩みからか、内容からは予想出来なかった2-0のスコアで前半を折り返す。久御山の快進撃に心躍らせていたファンにも、ここまでか〜という雰囲気が漂う中、後半がキックオフ。後半開始早々、両チーム一点ずつ取り合うも、後半15分の時点で4-1。少しスタジアムの空気も冷め始め、スタンドで声援を送る久御山の応援団の声も心なし小さく聞こえる。そんな空気はおかまいなしに、刻々と時間だけがタイムアップへと近づき、残り10分を切りスタジアムをあとにする人達がポツポツと現れ始めてからが、この試合、この大回の最大の見所だった。1点を返し4-2とした久御山がボールを持つ度に、スタンドがどよめき、うねり始める。パスが繋がり、ゴールへ近づく度に、何か凄い奇跡を期待するようなエネルギーが久御山サッカー部を後押しする。残り5分、その国立を包み込む言い知れぬ雰囲気の中、また久御山が滝川のゴールネットを揺らし、4-3に。『いける、いける!』『キタキタっ!』とあちこちから声が飛ぶ。
b0115008_5555774.jpg
 結局、まえがかりになった所をつかれ、逆に1点を奪われ、5-3でタイムアップ。スタンドで前のめりになった人々の期待は、蒼く澄み渡った空に吸い込まれ、思い描いた奇跡は見届けることが出来なかった。傍観者はいつも、無責任である。現金である。おもしろければ、心躍ればそれで満足なのだ。

 がしかし、毎年思う。何度も思う。奇跡をすぐそこまで、手に届く所までたぐり寄せることが出来たイレブン、やっぱり君は、君たちは美しい。と。そして今大会、最後で最高のグッドルーザーだと。
 
[PR]
by monday_panda | 2011-01-12 04:44 | football | Comments(0)
ボールのゆくえ。
週末、久しぶりにスタジアムへ。お友達にJリーグ観戦に誘われほいほいと尻尾をふって向かう。今回は味スタ。FC東京のホームグラウンドである。VS川崎フロンターレの多摩川クラシコ。今シーズンももう残りわずか。覇権は万年中位の名古屋のシャチが、3年越しの妖精の魔法によって見事に奪い去っていった。ただ降格圏内のチームは最終節まで気を抜いてはいられない。FC東京もしかり。

ゴトゴトと南武線に揺られる。途中、分倍河原駅で乗り換えたあたりから、途端にユニフォーム姿の人が多くなる。それにつれてゆるやかにテンションも上がり始める。13時過ぎ飛田給の駅に到着。駅前で友達を待つ僕の目の前を、親子連れ、カップル、スポーツ少年団、学生、中年夫婦と、老若男女が続々と通り過ぎてく。皆一様に嬉々として、はやる気持ちを隠そうともせず、スタジアムへ延びる道を歩いてゆく光景が、冬の始まりの休日の空気に、気持ちがいいほどピタリと合っている。
b0115008_23271854.jpg
野球や相撲に比べれば、まだまだ日本のスポーツ文化の中では青二才であるサッカー・Jリーグが、こんなにも様々な人を大きなスタジアムに飲み込む姿に、単純に感動してしまったりもする。

FC東京サポーターの怒号のような応援が盛り上がり始めたのを合図にキックオフ。白いボールがイレブンと共に緑の上で踊り始める。普段から無愛想なのと同じで、ん〜...と腕組みをしてシレーッと観戦。対照的に隣の席の友達はユニフォーム姿で、コロコロと変化するボールの行く先と戦況に地団駄を踏み、声をあげ、一喜一憂している。こっちを見てるのも楽しい。確かにサッカーはそうやって観た方が面白いに決まってる。次はもうちょっとはじけてみよう...かな。
b0115008_2327614.jpg
1-2。敗戦。ホームのサポーターの溜め息が広がる。やっぱり人気や知名度だけでは勝てない。ただ実力や情熱だけでも勝てない。と思う。フィジカルも、メンタルも、天候も、相性も、状況も、運も。たくさんの要素が絡み合い生まれる結果。神のみぞ知る。言い過ぎではない。だから面白い。だから魅せられる。だから僕らは、たかがボール一個の行方にあっさりと心を奪われるのだ。今までも、きっと、これからも。
 
[PR]
by monday_panda | 2010-11-24 23:35 | football | Comments(0)
恋するスタジアム。
 土曜日、大学のサッカー部の友人からお誘いをうけ、埼玉スタジアム2002へ。会社の人からチケットを貰ったけれど、遠距離恋愛中の友人は彼女とも行けず、どうせ一人で暇を持て余しているであろう、サッカーバカの僕に白羽の矢が立ったわけである。ありがたい。てっきりレッズの試合かと思いきや、大宮アルディージャVS川崎フロンターレ。ただで観れるのだから文句も言ってられない。浦和美園駅からスタジアムまでの道を、熱狂的な両サポーターに囲まれながらトロトロと進む。スタジアムが近づくにつれ、ドンドン、ワーワーと応援の声が大きくなってくる。どのスタジアムに行っても感じる、この熱っぽい空気、今にも爆発しそうなエネルギーの塊、日本にJリーグができて、自分もサッカーをやっててよかったなぁと素直に思える。

 ビールを買い求める長蛇の列に並んでいるうちに、試合は開始。大きな歓声が起こる度に気になってしょうがない。いつもは一番安い席で、上の方からピッチを見下ろして観ているのに、この日の席はメインスタンドの前の方。選手の表情や声がすぐ届くところにある。中村憲剛、鄭大世、藤本主税、Jリーガー、プロサッカー選手、単純にかっこいいなぁ。完全に鼻ったれのサッカー小僧の思考回路に。3-2とゴールも多く、ファンでなくても楽しめるおもしろいゲームだった。川崎サポーターの興奮と、大宮サポーターのため息の中、ぽつりぽつりと降り始めた雨から逃げるように、スタジアムをあとにする。
b0115008_2325451.jpg
 プロのプレーをアホ面で観戦していたその日、埼玉スタジアムでJリーグ初の試みとして、婚活イベントなるものが開催されていたことを、昨日、上司から教えられる。"サッカーばっかり見てないで、そういうとこもチェックしろよ"と。あぁ、耳が痛い。プロ野球では日ハムが婚活シートで話題にはなっていたけれど、Jリーグでも企画されていたとは・・・。

 "芸術は爆発だ!"の岡本太郎は言いました。"結婚は人生の墓場だ"と。そろそろ自分も墓場目指して、必死で活動しなければ。墓場だけに寝心地はなんだか良さそうなので。
[PR]
by monday_panda | 2009-10-20 23:35 | football | Comments(2)
ふり向くな君は美しい。
土曜日の夕方、高校時代のサッカー部の友人Nからメールが届く。
"高校サッカー決勝、見に行くん?"と。年末から体調を悪くしていたこともあり、
やんわりと断りのメールを返す。このメールのことを同じサッカー部のYに話してみると意外に乗り気。"ええなぁ、行こや、行こや。"と。みんな行くならちょっと無理してでも行こうかな〜と考えを改め、"やっぱり行こかと思う"とNにメールを送信。日曜の夜、Yと一緒にいるところにサッカー部の後輩からYのケータイに着信が。"明日、選手権見にいきませんか?"という内容。当日券を購入するつもりだったけれど、もしかしたら厳しいかもという情報を聞き、電話の向こうの後輩に急遽ネットでチケットを購入してもらう。しかし、どいつもこいつもサッカーバカ。香川県の端っこで、瀬戸内海の見えるグラウンドで必死でボールを追っかけていたのはもう10年も昔の話。何処にいても、何歳になっても、結局みんなサッカー小僧。なんだか、それがとても嬉しかったりするのです。

第87回全国高校サッカー選手権大会・鹿児島城西 対 広島皆実。いざ聖地、国立へ。テレビや新聞で騒がれている城西のエース、大迫勇也見たさなのか、想像以上の人、人、人。Jリーグや代表の試合でも、なかなか満員にはならないのに、みるみるうちにスタンドが埋まっていく。そんな光景を眺めながら、ぱらぱらと降り始めた雪の中、広島皆実側のスタンドに腰をおろし、ビール片手に身体を震わせながら、キックオフを待つ。"こんな中でサッカーできるなんて、あいつら幸せやな"とYが嬉しそうに言う。本当にそう思う。素直にうらやましい。自分たちの実力だとそこに届くわけがないと分かっていても、高校でサッカーをしていた人間ならきっと、国立のピッチを走る自分の姿を思い描いたことがあるはずで、何千、何万ものサッカー小僧がこのピッチに憧れ、夢見て、目標にして、ボールを追っかけて来たんだと思う。そして今もここを目指してボールを蹴っているサッカー少年が日本全国にいるんだなぁ、と。そんなことを考えているうちに、キックオフ。プロでもない、10歳も年下の10代の選手達のシュート、パス、フェイント、ドリブル、そのワンプレイごとに声をあげ、腰を浮かし、拳を突き上げ、拍手をおくる。へたなJリーグの試合なんかより何倍も見応えがある。サッカーに明け暮れた10年前の熱い気持ちが蘇ってくるような、ナイスゲームだった。端から見ていても、明らかに90分間走り続けた広島皆実のゲーム。終了のホイッスル。3-2。広島皆実の初優勝で大会は閉幕。
b0115008_23274075.jpg

国立をあとにし、少し熱気を帯びた駅へ向かう人混みの中、頭の中で無限ループする大会のイメージソング。"うつ向くなよ ふり向くなよ 君は美しい テレテテッテテレッテ〜♪" そう、君は、君たちは美しい。
[PR]
by monday_panda | 2009-01-13 23:52 | football | Comments(6)
サマーホリデー。
土曜日。この日も暑かった。
午前中に高校の友達から『暇やきん何かしょーぜ』という内容の電話。
男2人でどこ行こう?他の友達にもお誘いをいれてみるが簡単に断られる。
夏バテ気味の頭をフル回転。その結果、聖地『国立』へ行くことに。

今年は前年までのJリーグだけのオールスターとは違い、Jリーグ選抜と
Kリーグ選抜の日韓オールスター戦。代表戦ほどではないにしろ、
意外に熱いゲームが見れるかもしれないと、夕方、まだまだ太陽が高い所で
存在感を放っている夏空の下、夏休みの小学生気分で国立競技場へ向かう。
入場ゲートをくぐるやいなや、ビールを購入。Jリーグ側の自由席に腰を下ろし
もう”憧れ”と呼べるような想いではなく、どこか羨ましい、少し口惜しい気持ちで、
綺麗な緑色のピッチの上でアップをする選手に目をやる。

結果は1-3。で敗戦。試合は予想以上のものを見ることはできなかった。
そこはやっぱり、親善試合。オールスターはオールスター、ということか。
それでも、負けるとやっぱり悔しいのは、相手が韓国だからだろうか。

タイムアップの笛が鳴り、溜め息の中、足早にスタジアムを後にする
サポーターを横目に、スタンドに人がまばらになるまで、居座る。
歓声と溜め息、熱気や汗、暗くなり始めた空を拒み続ける照明の光、
そんなものを包み込んだ湿気を、少し涼しくなった夜風が勢いよく
フワッと空へ舞い上げる。

『見に来てよかったなぁ』『そやなぁ』そんな夏の休日。プライスレス。

b0115008_1191718.jpg

[PR]
by monday_panda | 2008-08-05 03:15 | football | Comments(0)
チームワーク。
3連休最終日の月曜日。
19時から個人参加のフットサルに参加するために、神奈川県の鷺沼まで
バイクをすっ飛ばす。ここのフットサルコートは、J1の川崎フロンターレが
運営するだけあってクラブハウスもキレイで、コートもプレイしやすい。

せっかくの3連休に個人でわざわざフットサルに参加するなんて、よっぽど
サッカーがしたくてしょうがない奴か、他にすることのないすげぇー暇な奴か、
『サッカーボールは友達です!というより、恋人です!』なんてことを
平気で口にするイタイ奴か。そんな人ばっかりなんだろうか?
実際、自分はすげぇー暇で、サッカーがしたくてしょうがないのは事実で。

個人参加で一番気にしてしまうのは、チームメイトのこと。
その日に初めて会った名前も知らない者同士が、番号で振り分けられて、
挨拶もそこそこにすぐにゲームが始まる。その人のプレースタイル、
好きなポジション、特徴、そんなことをパスを回しながら観察する。
例えるなら、高校の入学式の後の教室で、目だけをキョロキョロさせて、
クラスメイトの様子を窺う、あの微妙なもや〜っとした感じに似ている。
そのせいか、1試合目、2試合目はみんななんだかぎこちない。
それでも徐々に慣れてくると、声もではじめ、点を決めればハイタッチなんかも。

案外、こういう場面で素の自分が出るんだと思う。スタンドプレーにはしって
完全にチームで浮いてしまってる人、みんなに声をかけて盛り上げている人、
前にいくのを我慢して、バランサーに徹してゲームを組み立てる人、
みんなが疲れてきても、黙々とを走り続ける人。自分で決めるわけでもなく、
周りに強要されるわけでもなく、自然に、自分に合った役回りをそつなくこなす。

One for All, All for One、学校でも会社でも、主役でも脇役でも、
スタメンでもベンチでも、なんにしてもチームワークは大切です。

b0115008_1153628.jpg

[PR]
by monday_panda | 2007-09-24 23:54 | football | Comments(1)
It's only a GOAL。
昨日のグダグダの朝とは打って変わって、今日は朝からキビキビと。
煙草を吸って、風呂に入って、リンゴとバナナを食べて、サッカーの準備をする。
9時30分に家を出て、バイクで環八をひた走り埼玉県を目指す。

高校のサッカー部の友達の、会社の上司が所属しているサッカーチームに
昨年から、ちょくちょくおじゃまさせてもらい、今年から本格的にメンバー登録し、
月に1回、もしくは2回、サッカーができる環境になった。とても喜ばしい。

チーム自体が参加しているのは、あるスポーツ連盟の東京地区の2部リーグ。
決してレベルが高いわけじゃないけど、遊びという雰囲気はなく、意外と真剣だ。
メインは、1年間を通しての、10チームくらいでの一回戦総当りリーグ。
その他にもトーナメントの大会があったり、練習試合があったりする。
高校や大学の頃みたいに毎日ボールを蹴ってるわけじゃないので、
デスクワークで鈍りに鈍った運動不足の体には、かなり厳しい35分ハーフ。
たぶんプロなら一番脂ののっている年齢のハズなのに。。。

32℃まで気温の上がったこの日、前半だけでぶっ倒れそうになりながらも、
結果は14-0の圧勝。対戦相手は40近くのおじちゃん連中。
いくら点をとられても、でっかい声を張り上げて、必死でボールを追っかける。
暑くて、しんどくて、バテバテなのに。諦めたくもなるハズなのに。

サッカーの神様と呼ばれた、あの選手はこう言いました。
『楽しくなければサッカーではない。』と。同感です。
だから、おっちゃん達は走るのか。いや、走れるのか。

b0115008_132017.jpg

[PR]
by monday_panda | 2007-09-09 23:51 | football | Comments(1)
考えて走るよりも。
AM 8:30。目覚めが悪い。
昨晩のアジアカップ、韓国戦の嫌ぁ〜な負けを引きずったまま、
東京に出てきた当初から参加させてもらっている、大学の先輩の会社の
フットサルチームの練習のために、スパイクやゲームシャツをカバンに
詰め込んで家を出る。

ボールを蹴りながら当然のごとく、話題は日本代表のこと。
自分勝手な意見をあーだこーだと口にする。

伝統の日韓戦。
今まで続く日本と韓国の間にどういう背景、歴史があるのか詳しいことは
正直あまり知らないけれど、韓国の選手の憎しみのようにも受け取れる
闘争心にはいつも驚かされる。激しく、熱く、猛々しい。
それに比べると日本の選手はどこかひょうひょうとしていて、クールに
スマートに見えてしまう。サッカーをする上で冷静にやるのは必要だけど。
そのクールさがギリギリの戦いの中ではマイナスに働くよーな気がしてしまう。

自分の中での本当の日本代表は、どうしてもドーハ組のままなのかもしれない。
15年前に比べると、技術、戦術、ほぼどの部分を取ってみても現在の方が
遥かに上だとは思うけれど、ただひとつ気持ちの部分はどうなんだろう。
1992年の広島でのアジアカップ。対イラン戦。
決勝点をたたき込んだカズの『足に魂こめました』という言葉。
今の代表にこんな言葉を真剣に言える選手がいるのかなと?

気合い。根性。大和魂。そんなもんで日本は成長してきたハズなのに。

b0115008_23371845.jpg

[PR]
by monday_panda | 2007-07-29 23:39 | football | Comments(2)
お褒めの言葉。
金曜日の夜。
新橋のサラリーマンがキンキンに冷えたビールで、
一週間の疲れをアルコールに溶かす時分、
10:30のアジアカップのUAE戦に間に合うように会社を出る。

カップラーメン(豚キムチ)をすすりながら、目はボールを追う。

先日、ベスト16で敗退したU-20ワールドカップや、
アルゼンチンとブラジルの決勝となったコパ・アメリカ。
ニュースのスポーツコーナー。お笑い芸人のサッカー番組。
チャンネルを回せばどこかでサッカーの映像が流れている。
それもとびきりのスーパープレーが。

自分の意志なんかじゃなくて、ただ父に勧められるままにサッカー少年団に入り、
キャプテン翼を何回も何回も、ボロボロになるまで読み返し、
プレーも見たことのない海外プレーヤーのポスターを部屋にベタベタと張り、
『三浦知良』がまだ『キングカズ』じゃなかった頃、
こんなにサッカーを毎日のようにテレビで目にすることはなかった。
サッカーを始めて20年ちかく。サッカーをやっててよかったと。
なんてことを、遠い目をして思ったり。思わなかったり、思ったり。

たまに『サッカーバカ』だと言われるけど、
自分にとっては、これ以上ないお褒めの言葉にしか聞こえない。

b0115008_481815.jpg

[PR]
by monday_panda | 2007-07-14 05:33 | football | Comments(2)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda