Top
illustration works 63

b0115008_23151788.jpg
いつから完全に週休2日制になったのかはっきり覚えてはいませんが、小学生の頃はまだまだ土曜日も授業がありました。今思えば当時は、午後からたっぷり遊ぶ時間があって、いつもより少し夜更かしができる土曜日が来るのをとても楽しみにしていました。有意義な土曜日の午後を過ごすためには、まず、腹ごしらえが必要です。大阪ではなく香川で暮らしてはいましたが、当時の我が家の土曜日のお昼といえば、吉本新喜劇とお好み焼きでした。小学校から家に帰ると、とりあえず新喜劇を見ていました。池乃めだかや島木譲二、桑原和男のギャグを毎週毎週飽きる事もなくケラケラと。そうこうしていると母が仕事から帰ってきます。働きに出掛けていた母がパッと作れて、子供たちのお腹がポンッと膨らむ、時短で量も味も兼ね備えた食べ物。そう、お好み焼きです。他にもいろいろ作ってくれていたんだろうけど、一番印象に残っているのがお好み焼きでした。今でも新喜劇を見るとお好み焼きが食べたくなり、お好み焼きを食べると新喜劇が見たくなります。なんてことは、正直ありませんが、時たまフッとそんな土曜日のお昼の風景を思い出したりすることがあります。

ということで、そんなお好み焼きの思い出を懐かしみながら、ホットケーキミックスや天ぷら粉、お好み焼き粉など、粉類の製品の普及発展、食生活の改善向上に努めている、“
日本プレミックス協会”が開催する『第4回 小学生プレミックスクッキングコンテスト』のチラシに、ホットケーキを作る娘とお母さんと、お好み焼きを作る息子とお父さんのイラストをマンガ風に描かせていただきました。

Client :
日本プレミックス協会
Media : A4チラシ
 
 
 

[PR]
# by monday_panda | 2017-07-31 23:20 | works【 illust 】
illustration works 62
b0115008_14051215.jpg
b0115008_14052399.jpg

東京ハイヤー・タクシー協会が新卒学生向けに大学等で配布するチラシに、イラストを描かせていただきました。来たるべき2020年に備え、海外からのお客さんへの“おもてなし”を推進しているタクシー業界の仕事をアピールするものです。

正直、普段の生活の中で、タクシーに乗る機会はほぼありません。終電過ぎても呑んでいて真夜中にお開きになった時に、始発まで待つ元気がないと仕方なく乗るくらいです。それでも以前、デザイン事務所に勤めていた頃は、夜中まで仕事をして2時や3時にタクシーで帰ることがよくありました。眠くなければ運転手さんと会話する事もしばしば。そんな真夜中のタクシーには、いろんな運転手さんがいました。出身地の話しから、自身の半生を浪曲師のように語る運転手さん。若いんだから苦労はしなさい!と、人生の大先輩を演じる運転手さん。他のタクシーに追い抜かれたら、舌打ちして速度を上げるスピード狂の運転手さん。私こっちの方は走らないんですよ~。と終始ぺこぺこと道順を聞いてくる、上司にゴマをすっている部下のような運転手さん。広告業界の現状やら景気をやたらと細かく尋ねてくる、産業スパイのような運転手さん。などなど十人十色です。

ある時、会社の人から『昨日、ずっと徳永英明の歌を流しているタクシーに乗ったけど、めちゃくちゃ癒された!』という話しを聞きました。その時は『へぇ~、そんなタクシーもあるんやなぁ』と思ったくらいで、さほど気にも留めていませんでした。そんなことも忘れていたある日、その日も真夜中までの仕事を終え、へろへろでタクシーのシートに深く身体を沈め、行き先を告げました。ゆっくりとタクシーが走り出すと、静かに徳永の声が聞こえてきました。“もしも願いが叶うなら 吐息を白いバラに変えて~♪” 徳永英明の歌う『恋におちて』でした。
『遂に出たなっ!徳永タクシーっ!』と思ったのは言うまでもありません。ツチノコを発見したような気分でした。運転手さんと話すのは別に嫌いではないけれど、仕事でくたくたになった日は会話するのもしんどいもんです。そんな時、繊細でやわらかな徳永の歌声は、ほんまちょうどええなぁと思ったのです。特にファンというわけでもないのに、疲れた心と体にじわりと沁み入り包み込む、英明の歌声に見事に癒されたのでした。運転手さんの選曲に脱帽でした。残念ながらそれ以来、一度もあの徳永タクシーには出くわしたことはないのですが、僕にとっては、今まで乗った中で一番、“おもてなし”を実感したタクシーでした。今日もまた東京の、行きばのない押し寄せる人波の中を走りながら、誰かしらを癒しているのでしょうか、徳永タクシーは。 

Media:A5チラシ
 
 
 


[PR]
# by monday_panda | 2017-06-07 15:50 | works【 illust 】
illustration works 61

b0115008_11325129.jpg
b0115008_11200716.jpg
若者のテレビ離れや視聴率の低迷が嘆かれて久しいですが、今でもちょいちょいテレビドラマを観ています。たしかに20年程前、中学、高校、10代の頃が一番真剣にドラマを観ていた気はしますが。これまで観てきたドラマの中で印象に残っているものといえば、『未成年』『若者のすべて』『聖者の行進』『ロングバケーション』『君といた夏』『ラブジェネレーション』『29歳のクリスマス』『王様のレストラン』『3年B組金八先生』『白線流し』『ビーチボーイズ』『Dr.コトー診療所』『ウォーターボーイズ』『タイガー&ドラゴン』『木更津キャッツアイ』などなど。どれもこれもかなり昔のドラマです。その当時は毎週毎週欠かす事なく熱中して観てはいたけれど、今、内容を思い返してみると、なんとなく面白かったなぁとか、あの女優さんが好きやったなぁとか、あまりにもふわっとした感想しかありません。ちなみに最近のドラマで一番面白かったのは『重版出来!』です。続編とかやってくれんかなぁなどと思っております。

ドラマの中で相手に背中を向けたまま会話をするシーンをよく見ます。どちらの俳優の顔もしっかり見せるという演出もあるのだとは思いますが。医療ドラマで医者同士が、刑事ドラマで刑事と容疑者が、恋愛ドラマで恋敵などが。呼び止められ、立ち止まり、相手の方に顔を向ける事なく、そのまま背中越しに演技をするシーン。見せ場なんだろうけど、ちょっと笑ってしまいます。実生活であんな風に人に背中を向けたまま話す事って経験したことがありません。真剣な話しなら尚更。友達や恋人にあんな感じで話しされると『ちょいちょい!こっち向けよ、ちゃんと人の顔見て喋れっ!』ってなりますよね、きっと。でもああいう演出が、ドラマをドラマ足らしめる要因なんだと知った風なことを言ってみます。

ということで、そんなシーンもたくさんあるであろう懐かしいドラマも観ることが出来るTBSオンデマンド。詳しいことはよく分かっていませんが、会員登録すればパソコンやスマホで、TBSで過去に放送された、ドラマやバラエティなどの番組を観ることが出来るサービスだそうです。そのTBSオンデマンドのフリーペーパーのコラムのページに少しイラストを描かせて頂きました。TBS関連のショップなどに設置されているようですが、どこかで見かけましたらぜひパラパラと。


Client : TBSオンデマンド
Media : フリーペーパー
Design : Pantagraph


[PR]
# by monday_panda | 2017-05-29 11:38 | works【 illust 】
illustration works 60
b0115008_09384421.jpg
b0115008_17035472.jpg

 
Client : 株式会社レインボープロダクション
Media : ホームページ用マップ
 
 
 

[PR]
# by monday_panda | 2017-04-30 23:20 | works【 illust 】
うららかさんぽ 52
b0115008_18494537.jpg
春、桜の花も、ちらほらと。
(東京都・大田区)

[PR]
# by monday_panda | 2017-03-31 18:58 | stroll | Comments(0)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda