Top
illustration works 54
b0115008_10141011.jpg

b0115008_10134675.jpg

僕はスポーツ全般、やるのも観るのも大好きです。小3から続けているサッカーはもちろんですが、テレビでスポーツ中継をやっていると、とりあえず観てしまいます。オリンピックやワールドカップの時期はそりゃもう大変です。まったく興味のない競技でも観始めると最後、テレビの消し時が分からず、勝負がつくまで観るはめになります。野球、バスケ、バレー、フィギュア、テニス、ゴルフ、競馬、柔道、駅伝、マラソン、そして大相撲といろいろありますが、中でも相撲は年6場所、ほぼ欠かさず観ています。ごっつぁんです。

小学生の頃、近所の神社の小さなお祭りの行事で、子供相撲がありました。大会などではなく、その地区の子供たちが集まって、近所のおっさんが行司役で、同じ学年とか似た体格の子供同士で『はっけよい!のこった!』と相撲を取っていました。神社に投げ込まれたお賽銭から出てたんだと思いますが、勝てば100円、負ければ50円の少額の懸賞金も出ます。小学校を卒業するまでは、毎年、何番か取って数百円の小遣いを稼いでいました。当時はただお金がほしかっただけですが、そんなことも相撲が好きになる、きっかけだったのかもしれません。

初めて僕が好きになった関取は、第61代横綱の北勝海です。小学生ながら、なんだか相撲道へのひたむきな真摯な姿勢に、とても惹かれていた気がします。当時はウルフこと千代の富士が、強さも人気も別格だったけれど、相撲に限らず、強過ぎる王者はあまり好きにはなれません。一時期のサッカーにおけるブラジル、プロ野球の巨人も然りです。どこか負けるかもしれないという、あやうさをはらんでいるからこそ、人は声をあげ応援できるのかもしれません。北勝海以外でも、寺尾、隆三杉、旭道山、智ノ花、栃東、豊真将、旭天鵬、若の里、里山と好きな力士をあげればきりがありません。もうここ数年ずっと言われていることですが、そろそろ日本人の横綱も見てみたい。その前に日本出身力士に優勝してほしい。2006年の栃東以来、もう10年近く賜杯を掲げる姿を見ていないのだから。

そんな相撲好きの僕にとってはありがたいお仕事でした。両国国技館の売店で販売されている“大相撲ラスク”のパッケージに力士のイラストを描かせていただきました。秋場所は観戦に行くぞ〜という方、国技館にライブなんかに行くぞ〜という方はぜひ。

Client : 国技館サービス株式会社
Media : 大相撲ラスク・パッケージ
 
 
 
[PR]
# by monday_panda | 2015-07-24 14:55 | works【 illust 】
illustration works 53
b0115008_23433949.jpg
b0115008_23433267.jpg

東京での暮らしも、あっというまに10年が過ぎた。幼い頃から香川の片田舎で育ち、二十歳になるまで東京に足を踏み入れたことがなかった。23歳で上京する際、東京に憧れがあったわけでも、何か夢や希望があったわけでもない。むろん華の都・大東京で一旗揚げてやる!と意気込んでいたわけもない。上京の理由はただひとつ。東京のデザイン事務所にしか内定をもらえなかったのだ。上京当時、空の狭さに、人の多さに、街の明るさに、くらくらしていた。そして今も変わらず、くらくらしている。

遊びや仕事でふらりと出かけた時。電車の窓の向こうに、灰色のビルとビルの間に、尖った赤いヤツがチラリと見えることがある。晴れの日も、風の日も、雨の日も、変わらずそこにある。東京の空に向かってスッと立っている、尖った赤いヤツ。無意識のうちに、目で追ってしまう。東京生活1年目ならまだしも、10年以上経った今でも『今日も赤いなぁ~』なんて見たまんまの感想を抱きながら、見えなくなるまでずっとずっと見続けてしまう。

普段あまり悩んだり、凹んだり、深く傷ついたりすることもないけれど、自分の気づかないうちに、だいぶ心が疲弊していることもある。そんな時に、たまたま東京タワーを見かけると、なんだか少し気持ちが元気になるような、軽くなるような気がしている。感傷にひたるわけでも、ロマンチシズムというわけでもないけれど。そんなふうに感じる人は、きっと僕だけじゃないんだろうなと思ったり。様々な歌の中に“東京タワー”が出てくることも。東京タワーを題材にした、多くの読物や作品が作られたりすることも、そういったことの証明というか。そういう建物ってなかなか稀な存在だと思う。東京タワーが、今日もそこに静かに立っている姿に、なにげに救われている人って、意外に多いのかもしれないなぁ、なんてことを思った梅雨の終わり。唐突ですが、それではここで一曲!フラワーカンパニーズで『東京タワー』。



ということで、東京タワーのエレベーター(大展望台には行かない、フットタウン内を昇降する小さなやつ)の壁面に、もりもりとイラストを描かせていただいております。東京タワーに行く機会があれば、よかったら二度三度乗ってみてください。東京の街にある、いろんなランドマークも描いているので、いい暇つぶしになると思います。
 
Client : 日本電波塔株式会社
Media : 東京タワー・エレベーター壁面イラスト
 
 
 
[PR]
# by monday_panda | 2015-07-16 09:00 | works【 illust 】
illustration works 52
b0115008_8572184.jpg
b0115008_8572965.jpg

10代の頃に聴いていた音楽って久しく聴いていなくても、もうずっと身体の中というか、耳の奥の方にへばりついていて、たまにラジオからイントロが流れて来た瞬間とか、テレビの懐メロ特番なんかで流れているのを聴くと、無意識に口ずさんでしまいます。昨日、久しぶりにテレビをぼけぇぇぇ〜っと見ていたら、ゆずが『夏色』を全力で歌っていて、高校三年の時にアホみたいに聴いてたなぁ、なんてことを思い出し、なんだかとても元気になりました。

小学生の頃は音楽に興味なんてなかったけど、中学生になるとまわりの友達の影響もあり、ユニコーンやジュディマリ、ブルーハーツやリンドバーグなどなど、それなりに音楽に興味を持ち始めた気がします。少し色気づいて友達がバンドを始めたりするのも、中学生の頃だったと思います。アンプとセットの初心者入門のやっすいギターやベースをみんな買っていた気がします。その当時、バンドをやっている友達の家に遊びに行くと、必ず、X JAPANやLUNA SEAのポスターが貼ってあり、CDを聴かせてもらったりしました。みんながそういうビジュアル系バンドの音楽に傾倒していく中、僕はただひたすらに尾崎豊を聴いていました。行儀よく真面目なんてクソくらえと思っていました。当時、あまりそういったビジュアル系のロックバンドにピンとこなかったのは、その音楽性なのか、はたまた、あのビジュアルが苦手だったのか。もしくはみんなと同じ流行りものを聴くのが嫌で、ただ単にひねくれていただけかもしれません。

そんなことを思い出しながらのお仕事でした。本日27日、明日28日と幕張メッセで開催される、LUNA SEAが主催する〜史上最狂のロックフェス〜『LUNATIC FEST.』に出展しているnerds(ヘアサロン)のブースの看板にイラストを描かせていただきました。『クールでモードな感じで描いて』とご発注いただくも、普段、ほんわかした“ラブ&ピース”なイラストしか描いていないので、まったく描ける気がしませんでした。が、自分の中に眠る“セックス&ドラッグ&ロックンロール”な部分をなんとかかんとか絞り出して描いてみました。『LUNATIC FEST.』に行くぞ〜!という方はぜひ、nerdsのブースに遊びに行ってみて下さい。エクステやボディアートやネイルなど、全身ライブモードに最狂ロッカーに変身できるようです。

Client : nerds
Media : 看板
 
 
 
[PR]
# by monday_panda | 2015-06-27 10:50 | works【 illust 】
illustration works 51
b0115008_0432823.jpg

生まれてこの方、髪にはほとんどお金をかけていません。34年間で床屋さんには10回も行ったことがありません。小学生の頃は両親に切ってもらい、中学生になると自分で髪を切るようになり、10代後半からはマイバリカンを使いほぼ坊主頭なので、美容室という場所にはまず縁がないのですが、美容サロン専門誌にイラストを描かせていただきました。なんだかどうもすみません。

以前、何の大会だったか忘れましたが、サッカー日本代表の試合を観ていた時のこと。スタメン11人の中で、誰一人として黒髪の選手がいないことがありました。そろいも揃って、茶髪に金髪。さらに見事にセットもされていて。確かに髪型ひとつで、物事に対してガラッと気持ちや姿勢を切り替えられるのも分かりますが。おまえら高校卒業したてか!やんちゃ盛りか!と思ったものです。そんなことも試合に勝てば気にはならないのですが、試合に負けたとなると、全員黒髪にして出直して来い!髪型気にする前にボールの行方を気にしろ!と思ってしまいます。彼らのカットを担当した美容師さん、そんな所にまで怒りが飛び火してしまって、どうもすみません。

そんな髪型ですが、人と相対した時に、その人物のキャラクターを形作るひとつの要素になります。簡単なイメージ戦略です。例えば、ヤンキーのリーゼントは相手を威嚇し、本人を二割増し強そうに見せます。高校球児の丸坊主も、規律正しさやひたむきさなどを見る側に印象づけます。また、政治家なんかもいい例で、多くの政治家は額が見える髪型です。おでこを出すことで威厳や聡明さを想起させると、昔、何かで読んだ覚えがあります。ものは言いようで、最近はもう、ただただ偉そうにずる賢く粛々と政策をすすめる人間にしか見えませんが。彼らのカットを担当した美容師さん、そんなふうにうがった見方をしてしまって、どうもすみません。

もうすぐ梅雨が来ます。そして夏も来ます。今年もバリカンが活躍する季節がやって来ます。
 
Client : 株式会社 髪書房
Media : サロン会員専門誌 NEXT LEADER
 
 
 
[PR]
# by monday_panda | 2015-06-02 15:53 | works【 illust 】
うららかさんぽ 45
b0115008_12563455.jpg

風薫る五月。今年も、意地でも行くぜ!北陸。ということで、生まれ故郷の日本海を拝みに、石川県は美川のおかえり祭りへ。5年連続5回目。(甲子園だとこれは、なかなかの新興勢力である)もう美川駅から友人の実家までの道も迷うことはなくなった。今年も変わらず笑顔で迎えてくれる友人のご家族。勝手知ったる他人の家。お座敷に腰をおろし、お酒を手にする僕たちを見て、お母さんからは『もうお客さんじゃない!』の言葉を頂戴する。一年に一度、毎年変わらず、友人や友人家族と乾杯できることのありがたさ。滞在時間は24時間にも満たない。交通費のべらぼうに高い宴会なのである。祭衣装の紋付き袴も少しは様になってきたのだろうか。今年も昨年に引き続き、睡魔にいざなわれ真っ先に脱落。眠りの淵で、幸せそうな笑い声がずっと聞こえていた。

翌朝。今年は二人だけの日本海散歩。同じく5年間、一緒におかえり祭りに参加している友人と『じゃあちょっと行って来ま〜す』とお母さんに挨拶をして、お酒の残った頭と身体をずるずる引きずりながら通りへ。昨晩の熱気や狂騒が嘘のような、まだ小さく寝息をたてている静かな町を歩く。『去年もあの変なジュースの屋台あったなぁ』とか『地元にこんな祭りがあれば毎年帰ってくるよなぁ』とか、思ったことをぽろぽろと言葉にする。もう何度目になるのか、海までの道をのたりのたりと中年独身男子が行く。青く晴れ渡る空と海を前にして、もう言葉を探さなくなった。時折、交わす会話も海からの風に流される。聞き返すこともなく曖昧に頷く。5年とはそういう時間なのかもしれないなと。普段、思い出すこともない懐かしい歌を『フフフン♪』と気持ちよさそうに口ずさむ友人。帰り道、『今日、ずっと歌ってんなぁ』と言うと、『きっと気分がいいんだよ』との返事。そう、気分がいいんだ。ここは。だからきっとまた帰ってくるんだ。ここに。
(石川県・白山市・美川町・おかえり祭り)
[PR]
# by monday_panda | 2015-05-27 14:00 | stroll | Comments(0)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda
カテゴリ
works【 illust 】
works【 Design 】
daily
illustration
design
art
stroll
book
movie
sports
football
198030age
タグ
(170)
(116)
(85)
(50)
(46)
(24)
(23)
(20)
(15)
(10)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
リンク
お気に入りブログ
TETSUO YAMAJ...
TSUBUYAKI-BL...
電気屋の庭
かくかくしかじか
九心の陶芸
MIRU PRINT
30サイの成人式 改め ...
記事ランキング
画像一覧