Top
男女4人梅雨物語。
金曜日の深夜。土曜日の早朝。午前3時半頃に家を出る。
高校の同級生男女4人で『夏の思い出ぇ〜手をつないでぇ〜♪』
なんて口ずさみながら雨の中央道をひた走り、目的地の山中湖を目指す。

今回のキャンプの最重要企画であるウェイクボード。
パッツンパッツンのウェットスーツに身をつつみ、いざ湖上へ。
次々と成功し楽しそうに水の上を滑る友達を横目に『Let's Enjoy』なんて
余裕も持てないまま、ただひとり不安だけがムクムクと大きくなる。
ボートと水に、引きずり回され、弄ばれ、打ちのめされ、身も心も・・・。
初挑戦のウェイクボードは、楽しく素敵な夏の1ページなんてもんじゃなく、
僕の身体に1週間くらい続きそうな、重度の筋肉痛だけを刻み込んでタイムアップ。

その後、山梨の名物料理のほうとうを食べ、酒の量に悩みながら買い出しを済ませ、
コテージにチェックインするやいなや早起きと水遊びのせいか、夕方までお昼寝。
手際よくBBQの準備。そして乾杯!なんでもない会話でも讃岐弁だと心地がいい。
ゴロゴロお酒を飲みながらアジアカップを観戦。最後まで見届けることなく撃沈。
翌朝11時にチェックアウト。前日のテンションそのままに富士サファリパークへ。
まったく覇気のない肉食動物、以外と活発な草食動物にいちいちつっこみながら、
想像以上に満喫している27歳の4人組。旅の締めは地元の人おすすめの蕎麦屋へ。

帰りは東名で東京を目指す。『家に着くまでが遠足です!気を抜かないように!』
小学生の頃、遠足の度に耳にしたフレーズをなぜか思い出す。午後6時、無事帰宅。

27歳になる今年。高校の友達とのつき合いも10年以上になる。
結婚や転勤や帰郷や、いろいろな理由で会う機会の減る友達もたくさん
いるけど、とりあえずは今の環境がもう少しうだうだと続けばいいのに。
だらだらとまだ明けない、夏になるのを拒んでいる今年の梅雨のように。

b0115008_22561087.jpg

[PR]
# by monday_panda | 2007-07-23 23:01 | daily | Comments(2)
笑う門には福きたる。
だいたいどこの学校にもクラスに絵のうまい奴が1人や2人いたように、
自分もきっとその絵のうまい奴のひとりだったと思う。
ベタに、将来はマンガ家になると思っていた時期もあったのは言うまでもなく。

幸か不幸か、ちょっと絵が上手いというただそれだけの理由で、
なんの疑いもなく美大を目指し、ふらふらと浪人生活を満喫し、
めでたく美大でのキャンパスライフを謳歌することとなる。

でも、いつかどこかのきっかけで、自分でも意識しないうちに、
プロのサッカー選手になるのは無理なんだと思い始めたように、
イラストに対しても同じ気持ちを持ってしまってた。そんな気がする。
クラスに1人はいる絵のうまい奴止まり。

まーそれでも、絵を描かなくなることなんてないんだと思う。
まーそれでも、自分のペースでがりがり描いてくんだと思う。

継続は力なり。

b0115008_045877.jpg

[PR]
# by monday_panda | 2007-07-19 02:15 | illustration | Comments(2)
その一言で。
いつものごとく特に予定もないせっかくの3連休。
台風と日曜のせいか、いつもは溢れかえっているホームも人はまばらだ。

カチカチと、別に用もないのにケータイを手の中でころがす。
ひと通りいじり終わって、しまおうとした液晶の日付けを見て、
今日は友達の誕生日だということに気がつく。

長々と中身のないメールをうってみる。消しては書き、入力しては消去する。
『おめでとう』の一言が余計な脂肪のついたお腹のように何百文字にも膨れ上がる。
地元、浪人、進学、就職。香川、大阪、石川、東京。
自分の環境が変わる度につき合う友達も変化する。
たまに会う友達は数えるほどで、もう何年も会ってない友達の方がはるかに多い。
自分から積極的に連絡をとろうともせず、歳を重ねるごとに疎遠になるけど
それでも、やっぱりどこかで気にはしていたり、時々は思い出したり。

『誕生日おめでとー』1年に1度のそのカンタンな短い言葉だけで
かろうじてつながっていたい友達もいるわけで。
『誕生日おめでとー』面と向かってだと、なんか照れてしまう
そのあたたかい一言だけで、つながってられる友達もいるわけで。

とても強い絆の話なんかじゃなく、簡単に切れてしまいそうな絆の話。

b0115008_1453151.jpg

[PR]
# by monday_panda | 2007-07-15 23:34 | daily | Comments(2)
お褒めの言葉。
金曜日の夜。
新橋のサラリーマンがキンキンに冷えたビールで、
一週間の疲れをアルコールに溶かす時分、
10:30のアジアカップのUAE戦に間に合うように会社を出る。

カップラーメン(豚キムチ)をすすりながら、目はボールを追う。

先日、ベスト16で敗退したU-20ワールドカップや、
アルゼンチンとブラジルの決勝となったコパ・アメリカ。
ニュースのスポーツコーナー。お笑い芸人のサッカー番組。
チャンネルを回せばどこかでサッカーの映像が流れている。
それもとびきりのスーパープレーが。

自分の意志なんかじゃなくて、ただ父に勧められるままにサッカー少年団に入り、
キャプテン翼を何回も何回も、ボロボロになるまで読み返し、
プレーも見たことのない海外プレーヤーのポスターを部屋にベタベタと張り、
『三浦知良』がまだ『キングカズ』じゃなかった頃、
こんなにサッカーを毎日のようにテレビで目にすることはなかった。
サッカーを始めて20年ちかく。サッカーをやっててよかったと。
なんてことを、遠い目をして思ったり。思わなかったり、思ったり。

たまに『サッカーバカ』だと言われるけど、
自分にとっては、これ以上ないお褒めの言葉にしか聞こえない。

b0115008_481815.jpg

[PR]
# by monday_panda | 2007-07-14 05:33 | football | Comments(2)
とりあえず一歩。
東京の梅雨はまだ明けない。
今日も天気予報は、傘マークと雲マークのオンパレード。
白でも黒でもない雲が、ビルとビルの間を埋めるように広がっている。

7月の6日から研修という名目でアメリカへ。
たった3日のニューヨ−カー。もどき。
日本の空とは違くて、乾いた空気としらっちゃけた水色。
自己主張の激しいビルボードに、競うように空を目指すビル群。
碁盤の目に溢れる、白、黒、黄色。飛ぶように先を急ぐイエローキャブ。
セントラルパーク。自由の女神。エンパイア・ステート・ビル。
グラウンド・ゼロ。タイムズスクエア。MoMA。
吸収して消化する間もなく、また吸収。
最後の方はインプットするふりしてスルー。
まだまだ、すべてを自分の中に取り込む容量はなかった。
それでも、久しぶりに頭の奥の方がクラクラした。心の奥の方がザワザワした。

ピッカピッカの太陽が威張り散らす夏が来る前に。
とりあえず、いろんな意味ではじめの一歩。

b0115008_1263423.jpg

[PR]
# by monday_panda | 2007-07-12 01:27 | daily | Comments(2)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda
カテゴリ
works【 illust 】
works【 Design 】
daily
illustration
design
art
stroll
book
movie
sports
football
198030age
タグ
(170)
(117)
(85)
(51)
(46)
(24)
(23)
(20)
(15)
(10)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
リンク
フォロー中のブログ
TETSUO YAMAJ...
TSUBUYAKI-BL...
電気屋の庭
かくかくしかじか
九心の陶芸
MIRU PRINT
30サイの成人式 改め ...
記事ランキング
画像一覧