Top
男の子の永遠のアイドル。
ドロドロに溶けてしまいそうな陽気だった日曜日、イラストレーターのお友達に"映画の試写会が当たったんでどうですかー?"と誘われ、お昼過ぎに新橋のヤクルトホールへ向かう。8月から公開される"ヒックとドラゴン"というドリームワークスのアニメを観る。

試写会って初めて行くけれど、意外とみなさん活用しているようで、家族にカップル、年輩のご夫婦にお一人様と、たくさんの人が暑い中長蛇の列を作っていた。お友達も"3通応募したら1つ当たった"と言っていたので、けっこうな高確率で無料で映画を楽しめるようだ。増税だ!10%だ!と低所得者にはますます厳しいこのご時世、これもひとつの生活の知恵だ。

ざっくりした内容は、弱虫のバイキング・ヒックと傷ついたドラゴン・トゥースの"秘密の友情"が世界を変える奇跡を起こす、感動ファンタジー。チビッコにも分かりやすい、王道のストーリーである。観る前からある程度予想出来るにも関わらず、あっさりと感動させられてしてしまう。自分自身、曖昧で多少考える余地のある、観る側にある程度委ねるような映画を好む傾向があるのに。
友情・勇気・情熱・勝利、といったような今も昔も変わらないテーマの映画が作り続けられる理由が、少し分かった気がした。回りくどい伝わりにくい愛の告白よりも、一言『好きだ!』と言われた方がどれだけ心に響くかってことに、似ているような気もする。
b0115008_2118759.jpg
"ドラゴン飼いたいなー"と言ってしまうほど、この映画を気に入った様子のお友達。自分も似たようなもんで、家に帰ってからドラゴンのおもちゃを引っ張りだし、部屋に飾ったりしてみる。アパートはペット禁止なので、とりあえずはおもちゃで我慢することにする。
 
[PR]
by monday_panda | 2010-07-08 21:29 | movie | Comments(0)
<< 軸足は美術。 野菜生活。 >>



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda