人気ブログランキング |
Top
踊る光と歌う影の町。その3
b0115008_23254493.jpg
3、4日、町を歩いただけでキューバの何が分かるというわけでもない。キューバ革命から50年。ゲバラやカストロがこの国の人々にどれほどの革命の志や愛国心を植え付け、残していったのか。大国を向こうにまわし、歩んで来た社会主義国家としての在り方は、一介の旅行者である自分には汲み取ることさえ出来ない。頭で考えるな、心で感じろ。なんてのも無理。感じれとれるだけのキャパと知識が足りない。ただそれでも、簡単に感じられることもある。

はがれたペンキ、崩れかけた壁、犬の糞だらけの路地、軒先で一点を見つめ葉巻をふかす老人、上半身裸の酔っぱらい、廃車同然のクラシックカー、決して美しいとはいい切れないそれらが、何の遠慮もなく照りつける陽射しにさらされ、綺麗に影を落とし、町中至る所からからこぼれてくる音楽に包まれると、息をのむほどの圧倒的な力で、眼前に浮かび上がる。逞しく美しい。そしてどこか刹那的でもある。ただその景色を見たからといって見聞が広まるわけでも、著しく賢くなるわけでもない。それを見た、その事実だけが自分の中にストンストンと蓄積されていく。その蓄積されたものがどんなふうに変化していくのかはまだ自分でも分からない。
b0115008_23253050.jpg
相変わらず町を歩くと『オッラ!ハポネ!』とそこかしこからお声がかかる。走り去って行く馬車の運転手や、公園のベンチでお喋りしている老人、防波堤で釣りをしているおじさんに、家先でたむろしている同じ年頃の青年、モロ要塞の船の監視官に、あきらかに怪しい大道芸人やレストランのウェイター。誰も彼も陽気に、気さくに話しかけてくる。

『キューバは暑いけどいいところだろ?綺麗だろ?』『何処を見に行ったんだ?モヒートは飲んだのか?』『ハバナに何日いるんだ?今夜なにすんだ?一緒にダンスを見に行こう!』『カストロも吸ってるんだから葉巻を買え!』『日本のスピリットは侍だろ?キューバはサンテリアなんだ!』『ワールドカップはおもしろかったな!』とかとか、こっちの返事はおかまいなしに、スペイン語と英語でまくしたててくる。お国柄なのか、単純にひやかしなのか。どっちにしろこんな時、英語が喋れなくてどうもすみません思う。中には騙して葉巻でも売りつけてやろうという輩もいたけれど、それはそれでなかなかおもしろかった。アイキャントスピークイングリッシュアンドスパニッシュ。オンリージャパニーズ。まったく、どうにかなるさの能天気な旅行者である。
b0115008_23255810.jpg

by monday_panda | 2010-08-05 23:46 | daily | Comments(2)
Commented by tezzo at 2010-08-06 02:44 x
おお、キューバだ。キューバだ。
行ってるねえ。
Commented by monday_panda at 2010-08-07 00:04
tezzoさん・・・就活始動前の束の間の現実逃避。
行ってまいりやした。
<< 踊る光と歌う影の町。その4 踊る光と歌う影の町。その2 >>



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda