Top
やれやれ。
土曜日。昼下がり。休日のゆるりとした三両編成の多摩川線の車内。次の次の駅で乗り換え、僕は横浜へ向かう。人もまばらな座席。光が回る。前の席。膝に置いた文庫本に視線を走らせる同い年くらいの女性。車内アナウンスが流れ、パタンと本を閉じ、すっとホームへ降りてゆく。ビニールハウスのように冬の繊細な陽射しで、ぽかぽかと暖められた車内をリセットするかのように、乾いた冷たい風が一瞬吹き込み、頭の奥の方のモヤモヤを少し軽くする。彼女が手にしていた本のタイトルは『ノルウェイの森』

別に村上春樹崇拝者ではない。その著書のすべてを読んできたわけでもない。正直、マンガしか読んでこなかった10代。その終わりに、小説、読書、活字、本というモノを、本当の意味での読書体験というモノを、僕に叩き付けたのが『ノルウェイの森』だった。そんな気がする。だからというわけではないけれど、この作品に対して少し特別な意識があるのかもしれない。きっと、そんな読者が日本のあちらこちらにいるわけで。だから、わき上がる賛否両論。
b0115008_22503942.jpg
友達と一緒に『ノルウェイの森』を見にいく。優しくない海風に煽られ、赤レンガをひやかし、キラキラと丁寧に無機質に飾りつけられたイルミネーションが本領を発揮し始める時間、スクリーンの真ん前に陣取り、見たいような見たくないようなそんな心持ちで、上映を心待ちにする。開始10分。わからない。原作をそのまんま忠実に、再現するするくらいなら映像化する意味はない。新しい要素や違った見せ方だけに焦点を合わせても面白くはない。ブチ、ブチと途切れ途切れ、点と点がつながっていない感覚。『やれやれ、早く終わればいいのにな』と思ってしまった。隣の席の友達は『気分が悪くなった』とぼやいていた。ほんと、やれやれ、だ。

答えは否。あくまで、原作びいきの人間の感想として。たぶん古本屋でボロボロの一冊100円の上下巻を購入し、頭の中に生まれてくるイメージを鑑賞した方が100倍楽しめる。もちろん、BGMはビートルズの『ノルウェーの森』で。
 
[PR]
by monday_panda | 2010-12-21 01:01 | movie | Comments(6)
Commented by sei at 2010-12-21 10:45 x
昨日、ノルウェイの森特集をテレビで見ました。
誰かが「いつまでたっても古さを感じさせない作品」って言ってました。そこに村上春樹の凄さがあるんだなぁと思いました。
Commented by monday_panda at 2010-12-21 22:58
seiさん・・・こんばんは『いつまでたっても古さを感じさせない』ってすごいなぁと思います。例えば、清志郎の歌って今聞いてもすごく新しく感じる。あれって、ものすごく何度も何度も言葉を選んで作ってるからなんだそうです。そこに、トップランナー達の凄さがあるんだなぁって思います。
Commented by nyd at 2010-12-23 08:47 x
辛口やなー。
今週土曜の宇田丸師匠は「ノルウェイの森」批評だぞい。
インターネットラジオ「radiko.jp」でも聞けるので、
TBSラジオ954要チェケラ!
Commented by naomu-cyo at 2010-12-23 09:45
 主人公のワタナベくんがマツケンではかっこよすぎるのだなあーと思いつつまだ映画は観てないです。わたしはあの作品にそこはかとなく漂う60年代の匂いが好きなのですが、そのへんは映画に描かれているのかなあー。宣伝ビジュアル、すごくいい。シンプルな写真で構成されているから特にそう感じるのかもしれないです。わたしも観てみよーと思います。
Commented by monday_panda at 2010-12-27 00:52
nydさん・・・辛口かなぁ〜。まぁまぁ、好き嫌いは人それぞれやしな。いいっ!って人もおるし、自分で見てみんと分からないですよ。宇田丸師匠のラジオ聞き逃した。師匠の批評、気になるなぁ。
Commented by monday_panda at 2010-12-27 01:03
naomu-cyoさん・・・人それぞれ、思い描いているイメージが違いますもんね。僕は若い頃の加瀬亮とかがいいなぁと思ってました。あまりにスクリーンに近かったせいか、あまりビジュアルとして印象に残ってないんです。60年代の匂い、あったかなぁ〜?って感じです。鑑賞後の批評たのしみにしております。
<< もしもし。 勇敢!壮年ジャンプ。 >>



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda