Top
DESIGN WORKS 17
b0115008_16132731.jpg

ここのとこ、すっかり落語チラシ職人です。そんな僕の活動を見た、以前お世話になっていたコピーライターさんが『あいつはいったい何になりてぇーんだ!』と言っていたそうです。同感です...。
デザインのお仕事で、クライアントに提案する時にA案・B案・C案というふうに何案か提出します。が、本当は自分の中では、A案に決まるだろうと思ってたりします。B案C案は俗に言う、捨て案というやつです。捨て案って響き、大嫌いですが。B案C案は、A案を選んでもらうための引き立て役なんです。誤解を恐れずに言うならば、かわいい子がそうでもない子と一緒にいるような、あんな感じかもしれません。がしかし、そこに絶対はありません。かわいい子よりもそうでない子に魅力を感じることは多々あると思います。話がおかしい方向に...。

フリーになって、デザインのお仕事をさせてもらう度に、毎回、思い知らされるのです。会社にいた時はたくさんのフィルターにかけられることで、丁寧に濾過されたデザインを提案していたせいか、あまりそういう部分を感じることがなかったけれど。自分の中の正義は、相手にとっては正義でもなんでもないということを。自分の信じるカッコいいは、相手にとっては意味のないってことを。自分の感じるキレイは、相手にとっては無駄なものだってことを。自分の中の『これないわ〜』が、相手にとっては大アリだったりします。何を今さら、なんです。そりゃそうだ、なんです。相手は自分じゃないので。答えが同じなら誰がやっても一緒なので。ほんと、正解のない解答を求められる答え合わせはいつもヒヤヒヤします。が、そういうの、意外と嫌いじゃないです。どのみち答えは自分で作るしかないので。
 
Client : 夢空間・平噺し座 其の二十四
Media : flyer
 
 
 
[PR]
by monday_panda | 2012-11-29 13:09 | works【 Design 】
<< DESIGN WORKS 18 DESIGN WORKS 16 >>



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda