人気ブログランキング |
Top
<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ファイナルアンサー?
3月のあたま、海のむこうに住んでいる友達からメールが届く。その中に『スラムドッグ$ミリオネア見た?アカデミー賞とったやつ』そんなような一文が。その時はまだ日本では公開されていなかったので『公開されたら観に行ってみるよ』と返事をした。ということで、先週の土曜日、チャリンコにまたがり多摩川の土手をスイスイと夜風に吹かれ、川崎駅近くの映画館へ。終電間際、老若男女ではなく若若男女が、名残惜しそうに改札の前で騒いでいる姿を横目に、最上階がシネコンになっているビルの中へ。カウンターでチケットを買う。売店でコーラを買う。そして館内へ向かう。何百人も入れる空間に10人もいない。暗くて広くて、なんだかぽつり。夜中の映画館はそれがいい。一番後ろの真ん中の席に腰をおろし、せわしなく流れる、近日公開の予告編をぼけ〜っと眺める。
ファイナルアンサー?_b0115008_22564899.jpg
『スラムドッグ$ミリオネア』
監督:ダニー・ボイル/脚本:サイモン・ビューフォイ/出演:デーヴ・バテル、アニル・カプール、イルファン・カーン、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント

アカデミー賞を8部門受賞したからといって、いい映画とは限らない!と、あまのじゃく精神むきだしで観に行ってはみたものの、いとも簡単にやられてしまった。トレーラーで何度も目にした、日本でもおなじみの人気クイズ番組のワンシーン。それだけのイメージで勝手に、スラム出身の無学な青年が一夜で億万長者になる、単純なサクセスストーリーを想像していた。でも実際は、スクリーンいっぱいに生命感が躍動し、愛に突き動かされ、運命に翻弄された"スラムドッグ"の壮快なラブストーリーだった。
映像や構成に特に目新しさがあるわけでもない、キャストがとびきり豪華なわけでもない、制作費が何百億という大作でもない、ベタでストレートなこの映画に、ぐわんぐわんと心を揺さぶられる。
映画の舞台となったインド、ムンバイのみならず、世界中でなくなることのない、宗教問題、格差社会、人身売買、幼児虐待、売春、貧困などの深刻な社会問題。登場人物のジャマール、ラティカ、サリーム、それぞれの心の奥から噴き出す、欲望、嫉妬、愛情、葛藤、純粋で一途な想い。それらのいくつもの要素を違和感なく巧みに組み合わせ、彼らががむしゃらに駆け抜けてきた壮絶な過去と、スラムを這いずり回り辿り着いた現在とを、テンポよく行き来しながら、物語は最高の結末へ向かって加速度をあげてゆく。
ファイナルアンサー?_b0115008_22571072.jpg
Q.『スラムドッグ$ミリオネア』を見終わっての、あなたの率直な感想は?
A.最低っ!最悪っ! B.可もなく不可もなく。 C.金返せっ! D.ブラボー!

『D!ブラボー!』
『ファイナルアンサ〜?』
『YES、ファイナルアンサー!』

といった感じで、本来、娯楽としての映画が持っている、愛・夢・希望などのポジティブでハッピーな底力を、ガツンと見せつけられ、魅せつけられた、力強い作品でした。
by monday_panda | 2009-05-27 23:00 | movie | Comments(5)
猿も木から落ちる。
一日中雨が降っていたある休日、アウトドア大好きな会社の先輩のお誘いを受けて、ボルダリングなるものに行ってみる。西日暮里にあるボルダリングジムRhino and Birdまで。線路沿いの人通りの少ない奥まった場所にあるので、雨の中、ジムを探して右往左往したのち見事に発見。無事に到着。外観はただの古びた小さな工場。一歩中に入ると床も壁も木の板がびっちり敷き詰められ、カラフルなホールドが壁一面にちりばめられている。初めて目にする空間、木目とホールドのコントラストが単純にキレイだ。

まずは感じのいいスタッフのお兄さんから初心者講習を受ける。ボルダリングのルールやマナーを簡単に教えてもらい"お手本を見せます"と、壁を猿のようにスルスル登っていく後ろ姿に注がれる尊敬の眼差し。ほほぉ〜と一同感心。テレビなどで何度か目にはしているけれど、やっぱり見るのとやるのとでは大違い。

小学生の頃、ファミコンが日本中のちびっ子の心を鷲掴みにしていたけれど、家の中でカチャカチャ、ピコピコするよりも外で遊ぶ方が断然楽しかった。ユンボで削り取られた山肌にできた崖を、自力でよじ登ってみたり。自分たちの身の丈よりも大きな岩が、ゴロゴロころがる川の上流をひたすら目指してみたり。友達の家の塀によじ上り、屋根の上で騒いでみたり。無意味にお寺や神社の大木に挑んでみたりと、野生児という程ではないけれど、山、川、池、林に田んぼと、当たり前に自然が遊び場ではあった。
猿も木から落ちる。_b0115008_23132249.jpg
そんなこともありボルダリングも、意外に簡単にできるんじゃないかと軽い気持ちで参加してみたものの、なかなかコツを掴むまでは悪戦苦闘。コツを掴んでからも悪戦苦闘。結局のところ最後まで悪戦苦闘。右手、左手、右足、左足、頭、腰、それぞれのポジションを把握しバランスよく壁の上に体を滑らす。分かっていても難しい。握力や腕力で力任せに登ろうとしても、どんどん乳酸が溜まる一方で。”頭を使って要領よく、なるべく体力を使わずにラクして登るのが利口ですよ!”とアドバイスされても、最初からそんなに上手くはいかないもので。同じルートに何度挑戦してもことごとく跳ね返される。最後のほうはなかば意地。指がぎしぎし、腕がぷるぷる。この日はあっさりと限界と負けを認めジムをあとにする。駅へ続く帰り道、どんよりと漂う敗北感。とはいえ、ビール♪ビール♪と飲み会に向かう。ただ腕はパンパン、指はピキピキ。中ジョッキをぷるぷると両手で抱え、ゆっくりと口元へ運ぶ姿はどう考えても勝者のそれではない。"次こそは祝杯を上げるのだ"と密かにリベンジを誓う。そもそも勝ち負けという次元のスポーツじゃなさそうだけれど、なんだか負けた気がする。そんなどうでもいいことに腹が立つ。相手が負けず嫌いだとやっかいですが、自分にとって負けず嫌いは一番の動力源なのです。もちろんスポーツに限ったことではなく。
by monday_panda | 2009-05-19 23:49 | sports | Comments(7)
風をあつめて。
先週の日曜日。天気は快晴。強風時々暴風。男女4人でドライブ。目指すは湘南。高校の時の友達、友達の幼なじみ、僕の幼なじみ、僕。暇を持て余した幼なじみ2組。

新宿駅で待ち合わせ。友達の運転で一路、春の海へ。まだ午前中だというのに喋る喋る、笑う笑う。ペチャクチャ、ゲラゲラ。ペラペラ、ウヒヒッ。会話の上に会話をかぶせ、答えを待たずに、別の話題へ飛び移る。投げっ放し、投げつけられっ放し。自由奔放。天真爛漫。傍若無人。そんなおしゃべりが繰り広げられる。噛み合ってない感じが、やたらしっくりくるのも昔からの馴染みだからだろうか。トークはエンドレス。まるで耐久レース。
左手に荒れた太平洋が広がる。風に吹き飛ばされたコンビニ袋のように、想像以上の速さでウィンドサーフィンが波の上を滑って行く。目の前には大きな庇の雲の帽子をかぶった富士山が、悠々とこちらを見下ろし、江の島はプールで潜っている小学生のように、海面からポコッと頭の先だけを出している。江ノ電はトットコトットコ、気持ち良さそうに海風を頬にうけて走る。『こんなとこに住みたいなぁ』『こんな家たてたいなぁ』と口々に理想を語り、妄想の未来がポワポワポワンと広がっては、潮風に吹き消される。
風をあつめて。_b0115008_23264850.jpg
江ノ電の線路をわたり、新緑の萌える細い急な階段を上りきった先にある、amalfi DELLA SERAというお店でランチ。腹ぺこ。順番待ちに耐えきれずテラスで食事。視界一面に広がる海から、容赦なく吹き付ける風と格闘。サラダが風に舞う。笑い声は風にのる。食後の満腹感よりも、試合後の疲労感。その後も、風に煽られ由比ケ浜、稲村ケ崎、七里ケ浜、江の島、茅ヶ崎、を駆け抜ける。『稲村ジェーン』『あの夏、いちばん静かな海。』映画のワンシーンのようにボードを抱えた人達がウィンドウ越しに流れる。エンドレスサマー。そんな感じ。

特に目的も、計画もなく4人で過ごしたなんでもない1日。幼なじみとは大学生になりたての頃に会って以来。約8年ぶりの再会。女子から女性へ。自分の選んだ道を着実に進んでいる姿が頼もしくもある。久しぶり過ぎる再会に、心が躍り、胸がトキメク。なんてことはない。日本で一番有名な幼なじみであろう、上杉達也と朝倉南みたいな、甘く切ない青春ラブストーリーなんてものもあるわけもない。変わったことといえば、お互いお酒を飲めるようになったことくらいで、関係性は小学生の頃のまんま。家族のように気にかけ、兄弟のようにつながり、恋人のように思いやり、友達として笑い合う。昔も今もこれからも。知らぬまに変わっていく自分の中で、変わらないものがあることは、悪くない。なんてことに気づくのです。
風をあつめて。_b0115008_2327630.jpg

by monday_panda | 2009-05-04 23:56 | daily | Comments(9)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda