人気ブログランキング |
Top
<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
風が強く吹いています。
 もう2ヶ月もすればお正月。おせちを食べて、コタツに入りミカンを食べながら、正月の無駄に賑やかな特番を眺める。キラキラギラギラガヤガヤ。正直うざい。うるさい。煩わしい。そんな時は箱根駅伝。風を切り、ただ一点を見据え、ひたむきにゴールを目指す選手達を見ているだけで、泣けてくる。自分の正月ボケしきった体たらくは置いといて。テレビ画面には決して映ることのないその努力、責任、信頼、そんなものの10分の1、100分の1も理解はできないけれど。それでも、高校でボールしか蹴っていなかった自分には、まったく分からない、経験したことのない感覚や感情ではない。

 この前Mさんにオススメしてもらった『格闘する者に○(マル)』を買いに行ったついでに買っておいた、三浦しをんの『風が強く吹いている』を読む。今年読んだ本の中でダントツに面白かった。通常の文庫本の2倍の分厚さに尻込みしていたけれど、読み始めると、ページをめくる度に少なくなっていく残りのページを見て、終わらなければいいのにと何度も思った。
風が強く吹いています。_b0115008_18153190.jpg
 ストーリーは、都内にあるボロアパートに住む10人が紆余曲折を経ながら、それぞれの過去と未来と今に懸命に向き合いながら、箱根駅伝を目指す青春小説。はじめは自分も『この設定ってどうなんだろう?』と思っていたけれど、陸上関係者や陸上競技経験者が読むと、首を傾げたくなる部分も多いのだろうけど、そんなことはどうでもよくなる。力強く、腕を振り大地を蹴り上げ、向かい風の中ぐいぐいと突き進む登場人物達と同じように、圧倒的な疾走感で最後のページまで辿り着いた。サッカーがパスを繋いでゴールを奪うように、野球がヒットを繋げて得点をあげるように、汗が染み込み少し重くなった襷を繋ぎゴールを目指す。繋ぐことで繋がるもの。勝利や結果だけではない、譲れないもの。夏の甲子園や、冬の国立、正月の箱根路が、何よりも人々を惹きつけ、僕らの心を揺さぶるのは、二度と戻ることの出来ない、一瞬の風の中でしか生きられない、光のような姿を見せてくれるからなんだと思う。
by monday_panda | 2010-10-31 18:18 | book | Comments(4)
雨が強く降っている。
雨が強く降っている。_b0115008_17494046.jpg

by monday_panda | 2010-10-30 17:45 | illustration | Comments(0)
ノーフレンズ!ノーライフ!
 昨日、朝起きると広島にいるハズの友達から『東京のお薦めの場所ある?』とメール。こういう時気のきいた男子なら、女子が喜びそうな恵比寿やら銀座やらのお洒落な場所を、ほいほいと返信するのだろうけど、いかんせん、そういうのは疎いもので、『代々木公園とか多摩川とか』と完全に自分好みののんびりスポットをメールする。お昼過ぎ『井の頭公園でボケーとしてた』と返信がくる。あながち間違っちゃいない趣味趣向。そうか、だから友達なのかと思ったり。
ノーフレンズ!ノーライフ!_b0115008_2111795.jpg
 この日の夜にバスで帰るというので、顔だけでも見に行くよ〜と新宿へ。仕事帰りでごった返す人混みの中、『お坊さんと、歌っている人の近くにいる』というメールを最後に電話がつながらなくなる。探偵気分で探索開始。が、なかなか発見できず途方に暮れる。小田急のあたりでどうにかお坊さんを発見。その近くに歌っている人も発見。その真ん前にある宝くじ売り場のおばちゃんと、おでこをつき合わせて話し込んでいる友達も発見。なにやってんだ?と少し眺める。ケータイの電源が切れてしまって、おばちゃんにケータイを貸してもらったとこだという。とてもなごむ。その後姿を見れただけで来た甲斐があった。

 出発まで1時間、そのまんまバスの出発する都庁前までトコトコ、ペラペラ、テクテク、ケラケラ。話す。笑う。歩く。特に何をするでも、何を話すわけでもない、顔を見て、声を聞くだけで、勝手に満足。この先、そんな友達に何人出会えるだろうか?出来るのだろうか?そんなことが今はとても愉しみで仕方がない。1年生になったら、1年生になったら友達100人出来るかなっ♪・・・もう来年は、さんじゅう1年生だ。
 
by monday_panda | 2010-10-28 23:45 | illustration | Comments(2)
ツタエルチカラ。
 今月の頭からまた在宅でデザインのアルバイト。来週には終わりそうなので、上手くいかず見て見ぬフリを決め込んでいた就活も再開しなければ。午前中からのんびりと作業をすすめるのだけど、朝ドラを見終わりテレビをつけっ放しにしておくと、ちょうど先週は国会中継が流れていた。今までそんなもの見たことがなかったけど、下手なお笑い番組より笑える。

 約1億3000万人の国民の代表として日本を良い方向へ引っ張っていってくれるであろう、政治家という職業のみなさんが、小学生のケンカのごとく言い争いをしているのだ。野次の入れ方も最高だ。民主党政権になり1年が過ぎた。日本国民にしてみたら、とにかく生きやすい生活しやすい国にしてくれさへすれば、何党が主権を握ろうと大差ないのだけれど。山積みになった推し進めるべき国の政策や、対中問題、円高問題、失業・雇用問題うんぬんかんぬんはそっちのけで、与党は野党の、野党は与党のあげ足をとってばかり。長さんがもし見ていたらきっとこう言うだろう『だめだこりゃ!』と。
ツタエルチカラ。_b0115008_13125787.jpg
 そんな国会中継に耳を傾けながら、僕はというと実態の見えない"なんちゃら協会"のパンフレットを作っている。つくづく思う。いろんな仕事があるんだなぁと。

 時折、画面に目がいく。建前はより良い国を目指すため、本当のところは政権奪回!の似たり寄ったりの質疑応答が延々と続く。一番興味が向くのは、その内容よりも議員さんの喋り方だったりする。声色もとても重要で、ボソボソと歯切れの悪い答弁をしている人は、もっともなことを発言していても説得力がない。中には噺家さんなんかよりも流暢な喋り口調で、問題を提起し、言葉に抑揚・起承転結をつけ一瞬でその場をのみ込む程の、聞き惚れてしまう喋りをする人もいる。

 伝える力。これって面白い。コミュニケーションデザインなるものをかじっていたりもすので、媒体は問わず、興味が湧く。先日受けた面接もこの辺のことをもっと踏まえて望むべきだったのか。自分でも分かるのだ。相手に響いていない感じが。”スキルよりも人物重視”なんて採用情報もあながち嘘ではないのかも。伝える努力、熱意、想い、そんなもので変わるものばかりなんだろうな。と全国に垂れ流されている、いい大人たちの口喧嘩を見ながら思ったのでした。
 
by monday_panda | 2010-10-22 13:45 | illustration | Comments(0)
うららかさんぽ 15
うららかさんぽ 15_b0115008_21503419.jpg
先日、幼なじみに誘われ代々木公園でピクニック。一人一品持ち寄り!とのことなので、行きがけに自由が丘のドーナツ屋さんへ。『これとこれとこれと・・・』と選んでいたら『男ひとりでどんだけ食うんだ!スイーツ男子か!』みたいな感じで店員さんに笑われてしまった。公園に着くと20人越えの大所帯。み〜んな初めましての人ばかり。人見知りの自分には、なかなかハードである。とはいえ喋ってみると、当たり前にみんな違っておもしろい。職業も人柄も出身も訛りも。なんもかも。仕事を辞めてから、こういう新しい出会いの機会が増えた気がする。きっと自分がそういう新しいきっかけを欲しているからなんだと思う。そしてそのつながりを大事にしようとも思う。友達の友達はみな友達、世界に広げよう友達の輪、わっ!わっ!わっ!
(東京都・渋谷区・代々木公園)
by monday_panda | 2010-10-21 23:22 | stroll | Comments(0)
うららかさんぽ 14
うららかさんぽ 14_b0115008_20525853.jpg
友人に誘われ渋谷で昼メシ。平日でも吐き気がする程、人がうようよいる。苦手なのだ人混み、群衆、人の群れ。その後、友人の友人に誘われ平日の昼間から浅草でちょいと一杯。店の外の通りに陣取る不良中年3人組。お隣の席には、イタリア系フランス人の旦那さんと日本人のお嫁さん。そして愛想をふりまいている生後11ヶ月のジン君(息子)。また反対の席には50歳くらいの常連の親父さんと、席にちょこんと座って豆腐をうまそうに食べる相棒のハナ(犬)。僕が渋谷や新宿が苦手なのは、きっとそういうことなのだ。人が多くて、流行の最先端で、便利で、24時間明るくても、人と人の距離が離れている町は心が萎える。柄が悪くて、こ汚くて、一筋縄でいかなくても、人と人の距離が近い町は心が緩み、和み、そして躍る。
(東京都・台東区・浅草)
 
by monday_panda | 2010-10-14 22:39 | stroll | Comments(2)
山男と山女。
『そこに山があるからだ』

とイギリスの登山家、ジョージ・マロリーさんは言いました。『なぜ山に登るのか?』という質問の答えがこの発言なのだが、先生に『なんで万引きしたんだ?』と問われ『そこにお菓子があったから』と、『なんで窓を割ったんだ?』に『そこに窓があったから』と答えてしまうちょいワル中学生となんら変わらないレベルじゃないのだろうか?この答え方って。ペラッペラだ。ぶっきらぼうでもあり投げやりでもある。ただなんか、なんでか憎めない。まーそんなことはさておき。
山男と山女。_b0115008_1691516.jpg
 日曜日、早朝6時に渋谷に集合。美大サッカー部のメンバー7名で中央道をひた走り、山梨県に位置する日本百名山のひとつ瑞牆山(みずがきやま)を目指す。学生の頃は毎日一緒に居たメンツだけども、こうやってみんなでワイワイと遠出するのは久しぶりで、ほんとはとてもウキウキルンルンなのだ。ここんとこ世間ではめっきり登山ブーム。先日訪れた屋久島もえらい人だった。若い女性のグループが、瞳と汗をキラキラさせながら山登りに興じておられた。俗にいう山ガールだ。にしても、森ガール、釣りガール。なんでもガールを付ければいいってもんじゃないだろうに。スウィングガール。書道ガール。スティーブン・セガール...。
山男と山女。_b0115008_1692879.jpg
 10時入山。さしあたり、標高2,230mの瑞牆山の頂上をゴールとする。履き慣れたスパイクを脱ぎ捨て、登山靴の紐を固く結ぶ。肩にズシリとのしかかるのは勝利へのプレッシャーではなく、ぱんぱんのバックパック。得点を奪うためピッチを全力で駆け上がる体力を、岩場を死に物狂いでよじ登る体力に替えて、遠くて険しいゴールを目指す。この日ばかりはサッカー部から登山部へ転部なのである。山慣れしている二人はスイスイと登っていく。その他のメンバーは一歩踏み出すごとに、乳酸地獄へと突入していく。心配していた曇のち雨だという天気も、普段のみんなの行いがとても良いので、視線を落とした山肌には木漏れ日がチラチラと踊っていた。
山男と山女。_b0115008_1694235.jpg
 こまめに休憩をとりながら、見事にルートを間違えながら、思い出写真を撮りながら、標高が上がるにつれて口数も少なくなりながら、下山してくる人達の『まだまだ!』や『もう少し!』に一喜一憂しながら、時々木々の切れ間に見える景色に唸りながら、ロッククライミングよろしく、岩にへばりつきながら、5時間かけて午後3時無事登頂。束の間、お山のてっぺんを堪能。ビールやスープを堪能。遠くに見える日本一の山も堪能。吹き飛ぶ煩悩。ぷるぷると感動。すんばらしいです、山。ブームに流されていようがミーハーだろうが、筋肉痛になろうが、途中帰りたくなろうが、お山のてっぺんは最高です。今ならマロリーさんのお言葉にも頷けます。そして今後は僕もしたり顔で、シレーッと言うことでしょう。

『そこに山があるからだ!』と。
山男と山女。_b0115008_1610895.jpg

こちらの山レポもぜひ→almost c-c-crazy
 
by monday_panda | 2010-10-07 16:20 | daily | Comments(6)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda