人気ブログランキング |
Top
<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
155万通りのこれから。
2011年4月17日、日曜日。『30サイの成人式』が開催されました。(拍手!)
こういう状況の中、集まってくれたたくさんの同級生、本当にありがとうございます。

 小学生時代からのサッカー仲間である、山路くんから『30サイの成人式』の話を聞いたのが確か去年の夏くらいだっただろうか?随分と時間がたっちまった気がする。『同い年の人たちを集めてなんかやらへん?成人式的な同窓会的な、パーティみたいな…』最初は『ほぉほぉ、いいねぇ』と軽い気持ちで参加を表明。まずは近しい讃岐っ子を仲間に加えていく。最初はその意識の共有に留まったまんまで、蝉の声が聞こえなくなり、紅葉は葉を落とした。本格的に始動したのは昨年の冬。『やばい、31になってまう!』と重い腰をあげる。一発目の打ち合わせは、いつもと変わらない香川県人の集まり。緊張感のかけらもない。ほんとにやるのかな?どうなのかな?この頃はまだなんだか疑心暗鬼だった。それから少しずつ、この集まりの意義をしっかりと受け止めてくれる仲間を増やしていく。

 名刺にTシャツ、ポスターにホームページ、ブログにツイッター、徐々に外堀から埋めていく日々。それと平行して、毎回打ち合わせをする度に『どうも、はじめまして』という人も増えていく。『これこれ、こういうものです』と交わす挨拶。とはいえ、同じ30歳。松坂世代。日本のどこで生まれ、育っても、聞いてきた音楽や見てきたテレビ、憧れた芸能人は似たり寄ったり。ぎこちない敬語はいつのまにか、なめらかなタメ口に変わる。最初は目指せ日本武道館!目指せ3万人!と息巻いていた僕らも開催日が近づくにつれ、不安と焦りに飲み込まれて行く。『人、集まるかな~、ヤバいな~』とめいめいに口にするも、顔を合わせればゲラゲラと笑っては飲み、飲んでは笑う。今年になってからは毎週日曜日の夜、恵比寿やら外苑前の居酒屋で、ひそかに三十路連中が集っておりました。そんなこんなで(詳細は30サイブログで)約5ヶ月の準備期間を経て、約150人の松坂ジェネレーション!が集い、交流を深めることとなりました。

 前日も内容をつめ、当日も昼に集合して作業、『なんかドキドキしてきた』と無意識に漏らす言葉。しばらく味わっていないこんなドキドキ。そのウキウキを含んだ心地いい緊張感のドキドキがみんなに伝播する。19時開場。受付へ続く階段には長蛇の列。空っぽだったハコに少しずつ人が満ちていく。溢れていく。開いている場所にピースをひとつひとつめていく感覚。同じ時間を生きてきた同級生で埋め尽くされていく。
 155万通りのこれから。_b0115008_1932582.jpg
 敏腕ディレクター進藤くんのオープニングVTRで『30サイの成人式』開会。イケメン実行委員長の山路くんの挨拶。ずっと受付付近から音だけで会場内の盛り上がりを確認する。みんなの笑い声や野次に顔がほころぶ。落ち着いてきたところで、今回一番みんなで頭を悩ませたゲームへ突入。生粋のべしゃり好き嶋田くんと帰国子女下村さんのMCコンビが会場をあおる。意外にもそれに全力で答える三十路の面々。予想に反して驚くほどの一体感が生まれる。様子を伺いに人ごみをかき分け会場内を歩いてみると、みんなニコニコ、ニコニコ。ここそこでニコニコ、ニコニコ。そのままの流れで異業種交流、歓談へ。総じてよい感じなのである。あちこちで、紹介され紹介して、大きなひとつの輪ができていくのが目に見えて分かる。おもしろいようにつながる、つながる。楽しい時間は長くは続かないのが世の常。宴もたけなわ。辣腕ディレクター濱上くんのエンディングVTRが流れ、30サイの成人式閉幕。

 退場を促して回るけれど、名残惜しそうに連絡先を交換する人たちの姿が多かった。どんな動機でこの会に参加してくれたのかな?と思う。単純に面白そう、酒が飲める、仕事につながるかも、三十路にして友達が出来るかも、彼女彼氏が出来るかも、それぞれにどんな思惑があってもそれは構わないと思う。結局、仕事、友人、恋人、なんにしろ、つなげるのは自分次第なんだから。ちょっとしたきっかけ。とっかかり。チャンス。生かすも殺すも、自分の裁量ひとつ。その次の一歩。それに尽きる。
 155万通りのこれから。_b0115008_19333654.jpg
 来場された三十路のみんなの『ありがと~』の言葉に『ありがと~』の言葉で見送る。余韻に浸る間もなくドタバタと撤収作業。にしても、よかった。やってよかった。スタッフのみんなもなんだか安堵と達成感、充実感でホクホク、ニヤニヤしている。20名弱のスタッフ、それぞれが得意とする分野でそれぞれのできることをやってきた。まるで小さな会社のように。それもこの日限り。これを糧にして、土台にして次に行かなければならない。ここからがスタート。これからが楽しみでならない。

1980年度生まれ、同級生みんなの『これから』を祝って。30歳の成人式、閉幕です。
 
by monday_panda | 2011-04-23 19:30 | 198030age | Comments(2)
花発多風雨 人生足別離。
 日曜日、新婚の友人夫婦に誘われお花見に行ってきた。昼過ぎ、都知事選へ投票に行き、カバンにケーキと唐揚げとビールを詰め込み、自転車で多摩川沿いを駆け抜ける。たくさんの花見客で賑わう多摩川駅を越え、河川敷におりる。風が心地いい。やわらかな春の匂いがする。野球やテニス、アメフトで汗を流す多くのスポーツマンを横目に、友達を探す。自粛ムード満載なのかと思いきや、例年よりも人が多いようにも見える。たくさんの人が満開の桜の花に、何か救いのような祈りに似た感情を抱いているのかもしれない。きょろきょろしていると『お~いっ!たろちゃ~ん!』と呼び止められる。綺麗な桜の木の下に見慣れた顔を見つけ、パッと笑顔が咲く。震災後、初めて会う面々と、どーも、どーも、とビールで乾杯。

 独身男子、独身女子、新婚夫婦に妊婦さん、そして、パパママとなった友人と愛娘。総勢10名。なんか人の生きる道の縮図のような構成だ。この歳になれば、ま、そんなもんか。相変わらず独り身で今年も桜を眺める僕。もう何年連続なのだか。新婚の二人は結婚し家族となり、初めて迎える春。同じ風景も去年までとは違って見えるのかな。妊婦の友達のおなかは大きくて、夏頃に第一子誕生。来年の春はちびっ子と桜を見るのだろう。もうおなかの中では春を感じているのかもしれない。パパママの二人とちびっ子は、三人揃って二度目の暖かい春を迎えたことになる。小さな身体には春と似たような力がきっとある。みんなで取り囲みニコニコになるその光景は、春が訪れる度に桜の木の下に集まるのととても似ている。毎年、毎年、何があっても、何が起こっても起こらなくても、ほとんど変わらないペースで四季は巡り、気づけば桜の花の咲くスピードで春はやって来る。その度、小さな不安や希望を僕らの胸の内にパッパッと咲かせ、心を真新しい鮮やかな色で染め上げてくれる。
花発多風雨 人生足別離。_b0115008_7255276.jpg
そんなふうにして、春は来る。淡々と、あっさりと。
そんなふうにして、花は咲く。慎ましく、力強く。
そんなふうにして、またひとつ、僕たちは消えることのない年輪を刻み込む。

 
by monday_panda | 2011-04-16 07:27 | daily | Comments(0)
ちゃちゃちゃの。
木曜日、フォトグラファーの武藤さんから連絡をいただき、被災地に送る支援物資の仕分けのお手伝いへ伺う。今回は避難所で生活している子供たちのために、文具やおもちゃを送るのだそうだ。おもちゃといえば子供たちにとっては、宝物のようなもの。そんなキラキラしたおもちゃを素っ気ない段ボールで送るよりは、少しでも楽しげでハッピーな方がいいということで、イラストを提供してくれないだろうか?と依頼され、よろこんでイラストを使っていただく。

節電もするし募金もする。毎日、テレビやネットで被災地の情報も見る、それでも一ヶ月たった今でも、どうしても自分の中で少し遠い出来事に思えてしまう。残念だけどリアルに感じられないのだ。その感覚がはがゆい。そう感じる人は少なくないのだと思う。何かしたいけど、何かしているつもりだけれど、それが実感を伴って、自分の中にストンと落ちてこない。どこかで引っかかってモヤモヤする。そういう毎日。そんな想いも詰まっているだろう、いろんな形をした、色とりどりのおもちゃが詰まった段ボール箱が、武藤さんのお知り合いの方々から大量に届いていた。まるでおもちゃ屋の倉庫みたいに。仕分けをすすめる方々の隣で、地べたに座り込みペタペタと段ボールの外側にイラストを貼付けていく。なるべく幸せそうな、少しでも元気になれそうなイラストを選んで。ラジオからは清志郎が『原子力は要らねぇ 危ねぇ』と歌い、ヒロトが『チェルノブイリには行きたくねぇ』と叫んでいる。
ちゃちゃちゃの。_b0115008_750294.jpg
分かってはいる。例えばこの状況で被災地に千羽鶴を送ったとして、その気持ちは届くかもしれないけれど、実質的な部分でプラスにはなかなか成り得ない。ありがた迷惑だという報道も目にする。ガワよりも中身が大事だ。泥水で汚れた缶ジュースを洗って飲んでいるように、綺麗なパッケージなんかよりも、腹にがっつり収まるモノの方が重要だ。きっとこのおもちゃ箱も現地へ届けば、ゴミになったり、寒さを防ぐために布団の下に敷かれたり、たき火の火になったりする。それでいい。一秒でも『あっ!』と思ってくれれば。春が来るたびにサクラを見上げるような気持ちに。そのカラフルな段ボールのように、少しでも気持ちが明るくなってくれれば。街も新しく鮮やかに色づき始めた。今年もまた春が来る。
by monday_panda | 2011-04-10 07:50 | illustration | Comments(6)
歩いて帰ろう。
歩いて帰ろう。_b0115008_23541580.jpg
(Click!でLarge!)
 
by monday_panda | 2011-04-07 23:55 | illustration | Comments(0)
それよりも、もっと赤い。
それよりも、もっと赤い。_b0115008_23523235.jpg

by monday_panda | 2011-04-06 23:52 | daily | Comments(0)
見上げてごらん。
見上げてごらん。_b0115008_2158553.jpg
BGM

♀『あっ...!』
♂『んっ...?』
♀『桜が咲き始めましたね〜』
♂『春ですね〜、ガオ〜』
♀『とても綺麗ですね〜』
♂『桜も綺麗ですが、あ、あなたも綺麗ですね〜...、ガオ〜』

♀『.....春ですね〜♪』
 
 
by monday_panda | 2011-04-05 21:00 | illustration | Comments(0)
スタンダップ!
スタンダップ!_b0115008_22403081.jpg
(Click!でLarge!)

東の空に太陽がポコッと顔を出す度に、僕らはムクッと起き上がり、スクッと立ち上がる。今日も明日も、明後日も。体中に力を込めてググッと立ち上がり、次から次へとやってくる一日一日に立ち向かう。僕らは何百、何千、何万回と立ち上がってきたのだ。明日もまた、眩しい太陽の光を体中に浴びて、僕らは力強く威風堂々と立ち上がる。しっかりとその両足でまぁるい地球を踏みしめて。
 
by monday_panda | 2011-04-04 23:10 | illustration | Comments(0)
ハッピーサンデイ。
ハッピーサンデイ。_b0115008_8215810.jpg
(Click!でLarge!)

先日のグループ展示のために描いた一枚。

震災の起こる少し前の日曜日。友人達と東京を抜け出し田園風景の広がる関東郊外へ。冬のやわらかい日差しが春を予感させる空気の中『平和だなぁ』と友達。『んだんだ』と僕たち。またそうやって、ぽろっと『平和やなぁ』と言える幸せな日曜日を、誰しもが過ごせることを願いながら手を動かす。BGMはハンバートハンバートをヘビーローテーション。
僕たちは手を取り合い、満面に笑みをたたえ、一歩ずつ一歩ずつハーッピーサンデイへ、サニーデイへ、突き進むのだ。
 
by monday_panda | 2011-04-03 08:41 | illustration | Comments(4)
Oh!?lie? All right!
 もうかれこれ20年くらい前の4月1日。当時も僕はクリクリ坊主の小学校低学年。夕方、仕事から帰って来た親父が、玄関先で僕と妹に向かってこう言った。『おーい!裏の畑に子犬がいたぞ~!』と。当時、飼っていた犬が天に召され、僕と妹は『子犬が欲しい欲しい!』と両親に直訴していたのだ。親父の言葉に一瞬で有頂天になった僕と妹は『おかえり~』の言葉も言わずに『うひょ~!』と家を飛び出した。ふたりでどこだ?どこだ?どこにいるんだ?と広い畑の隅から隅まで探しまわった。しかし、そこにいるハズの、親父が見たハズの、愛らしく天使のような子犬の姿はどこにも探し出せなかった。

 チクショー!てやんでぃ!どこにもいやしねぇじゃねぇかっ!と軽く逆ギレ気味で親父に詰め寄る僕と妹。そんな2人を前にして、悪びれるふうもなく笑顔で親父は『今日はなんの日だ?』と尋ね返してくる。しばらく考える。そういえば今日は、エ、エイ?エイプリ?・・・嘘をついてもいい日だ!と気づいた僕。『そう、今日はエイプリルフールだ!』とアハハと笑う親父。僕と妹の最高潮に達した歓喜と、やり場のない怒りは、真っ赤に燃える夕日と共に裏の山の陰へストンっと落ちて行った。
Oh!?lie? All right!_b0115008_9122760.jpg
 そんななんでもないことを未だに覚えている。そんなちっぽけなたった15分の嘘を。きっと単純に幸せな嘘だから。それからしばらくして、近所の神社で子犬を拾った僕は、念願かなって子犬の飼い主になった。親父の嘘が、嘘じゃなくなったのだ。
 そういえばブルーハーツも歌っていた。『チッポケなウソついた夜には 自分がとてもチッポケな奴 ドデカイウソをつきとおすなら それは本当になる♪』って。

 昨日は一年に一度の大嘘をつき忘れた。結婚します!くらい言っておけばよかった。誰も不幸にならない、そんな優しいじわっとあたたかい嘘なら、一年に一度じゃなくてもいい。本当になるウソならなおさらだ。
 
by monday_panda | 2011-04-02 09:09 | daily | Comments(0)
明日へゆけ。
明日へゆけ。_b0115008_23474421.jpg

by monday_panda | 2011-04-01 23:47 | daily | Comments(0)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda