人気ブログランキング |
Top
<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
illustration works 26
illustration works 26_b0115008_134315.jpg

2年前、30歳だった僕はのんきにバイトしながら就職活動をしていました。フリーランスで働く気なんてまったくありませんでした。『安定だ、安定こそ正義だ!』そんな思考だったくせに、いつのまにか会社を辞めて1年も経っていました。焦りはあったと思います。とはいえ、何がやりたいのかブレブレの状況で、気になった会社を次々と受けてはみるも、そんな軟弱な思考が透けて見えるのか、まったくどこにも引っかかりませんでした。『はぁ~どうすっかなぁ~』なんて他人事のように、ふわふわとした毎日を過ごしていました。

そんな暮らしの中で、自分の本当に好きなもの以外をポイポイっと隅っこに追いやってみました。結局、絵を描くこととサッカーくらいしか手元には残りませんでした。そこで単純な僕はサッカー専門誌を作っている会社を受けてみました。書類審査も通り、意気揚々と面接に赴きました。僕がどれだけサッカーが好きかを語りました。めずらしくよく喋った気がします。結果、不採用の連絡がきました。面接の時に、その会社の方に『あんまりサッカーが好き過ぎる人間は、この仕事は難しいかもね』と言われたのでした。体のいい断り文句だとは理解しつつも、そんなもんかもなぁと思ったり。恋は盲目。好き過ぎて、見えるものも、見るべきものも、見えなくなるのかなぁと思ったり。これが最後の就活になったのでした。

ということで、ぽつぽつと一人で絵を描き始めることになったのですが、お仕事で車に関連するイラストを描くことがままあります。僕は教習所を卒業して以来10年間、一度も車を運転したことがありません。欲しいとも乗りたいとも思いません。まったく興味がありません。なんならついこの間まで『セダン』って車名だと思っていたぐらいです。でもまったく興味のない車や車関係のイラストを描く作業は意外に楽しいもんです。別に興味がないものは、知らない分、ちょっとしたズレも気になりません。自分で枠を決めることもなく自由に手を動かすことが出来るから、楽しいのだと思います。逆に好きであればある程、細かいことが気になります。そして知らず知らずのうちに自分で枠を小さくしています。それはとても窮屈で息苦しいものなんだろうなとも思います。ただその息苦しさが大きな力になることも分かっているつもりです。

新しい季節です。好きで好きでしょうがないものにも、おおらかで真っ白な気持ちで向き合っていければいいなと思います。興味がないものにも少しは好意を示そうかなと思います。なんといっても春は恋の季節ですからね。

Client : JACCS
Media : ディーラー用 待受画面
 
 
 
by monday_panda | 2013-04-13 01:15 | works【 illust 】



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda