人気ブログランキング |
Top
<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
illustration works 44
illustration works 44_b0115008_1310351.jpg
高校生や大学生の頃、頼まれてもいないのに、自分の描いた絵を友達にプレゼントしたりしていました。もちろんそこにお金は発生しません。ただただ絵を贈る相手のことだけを想って、ニヤニヤしながら描いている時間は、とても有意義なものでした。客観的に見ると、ちょっとストーカーじみていて怖いです。狂気すら感じます。当時の僕は何の疑いもなく、友達はこの絵を貰えば、必ず心から喜んでくれるはずだと思っていました。大抵の人は本当に嬉しくなくても『ありがとう』と言うだろうし、社交辞令でも喜んだふりくらいしてくれるもんだと思います。社会に出て10年。大人の対応というものを学びました。今思えば、あまりにも自分本位な行為だったなと思います。とんだありがた迷惑です。単純に自分の絵を褒めてもらいたい、自分の絵の上手さを自慢したい、というような幼稚な思考が透けて見えます。とはいえ、そんな自負がなければ、絵を描くことを生業に出来なかった気もします。そんなことの延長が、今のお仕事につながっているというのも不思議なもんです。

普段のお仕事で『このイラスト誰が見るんだろう』とか、『このイラストで誰が喜ぶんだろう』なんて悶々とすることがあります。そんな時、無性に、誰かのためだけに、誰かのことを強く想って絵を描きたくなります。それは、大好きな絵を描いて、僕の絵を見てくれた人を少しでも幸せにしたい!なんてキラっキラした無垢な精神ではありません。このやり場のない、ドロドロとした苛立ちや怨念を成仏させたい!なんていう、ちょっとどうかと思うような精神状態です(そんなイラストを貰って誰が喜ぶ)。そんなことはさておき、高校時代の友人からご依頼を受け、長男の一歳の誕生日の記念にと、幸せいっぱいの家族のイラストを描かせていただきました。昔、会社の同僚に教えてもらった『FAMILY』の隠れた意味が伝わるような、あったかい絵になった気がします(自画自賛)。

Father And Mother I Love You.っていう意味が。
 
Client : Fukuyama Family
Media : A3/家族絵
 
 
 
by monday_panda | 2014-05-16 01:30 | works【 illust 】
illustration works 43
illustration works 43_b0115008_1445119.jpg
illustration works 43_b0115008_14582678.jpg

先日ピクニックに出かけた代々木公園は、見渡す限り、人、人、人でした。普段、無機質なコンクリートジャンゴォの喧噪の中で暮らすみなさん。知らず知らずのうちに自然の癒しを求めているようで。思い思いに爽やかな緑の中で、リラックスした姿を見せていました。

自分も含め多くの人は、森林を伐採したり山を切り崩したりと、自分自身が直接手を下していないので、自然破壊などの問題に対してイメージしにくい部分がある気がします。そういった環境問題に触れる機会があっても、地球規模のスケールの大きさに、あっさりと受け流してしまいがちです。どうしても、過酷で面倒な自然は嫌い、心地のいい扱いやすい自然を好みます。好き勝手に傷つけるだけ傷つけて、森林浴だ、マイナスイオンだ、ロハスだとかいって、自分の都合のいい時だけ、求めすり寄っている気もします。もうこれじゃ、都合のいい三番手くらいの恋人みたいなもんです。そんな関係がうまくいっていると思っているのはこっちだけで、相手からしたらドロドロと愛憎渦巻き、もはや出会った頃のお互いを思いやる関係なんてものは、破綻してしまっているはずです。騙し騙しつき合っていけるのも限度があります。そんなヤツはいつか痛い目にあいます。男と女の情事のお話しではありません。みどりと人とのお話です。

ということで、今週末5月10日(土)、11日(日)と日比谷公園で開催される、『みどりとふれあうフェスティバル』のパンフレットやウェブ用にイラストを描かせていただきました。みどりと人との関係を、少しでも考えてみるきっかけになるかもしれません。ご興味のある方はぜひ。
 
Client : 「みどりの感謝祭」運営実行委員会
Media : パンフレット / ウェブ
Design : NCPクリエイティブ
 
 
 
by monday_panda | 2014-05-08 17:33 | works【 illust 】
うららかさんぽ 40
うららかさんぽ 40_b0115008_17461062.jpg
大型連休、唯一のお出かけ。天気のよかった日曜日の午後。大学のサッカー部の面々と代々木公園へピクニック。遅れます!遅れまーす!僕も遅れます!時間にみんな来ないのはデフォルト。酒の量に比例して人が集まって来る。はじめまして。のちびっ子たちも合わせて、総勢18名。意外とみんなどこにも行ってないのだな。何枚もつなげられた敷物の上は、色とりどりでにぎやか。喉が鳴る。腹もなる。学生の頃、夜な夜な我が家に集まっては、小さなコタツにぎゅうぎゅうに足を突っ込んで、発泡酒とポテチで朝を迎えていたのが懐かしい。五月。木々は空に向って、その新しい枝葉を力強く伸ばす。宿り、生まれ、育まれる。十年という月日の流れを、大きさを、少し惜しみ大いに愉しむ、新緑の頃。
(東京都・渋谷区・代々木公園)
 
by monday_panda | 2014-05-06 19:38 | stroll | Comments(0)
illustration works 42
illustration works 42_b0115008_14423469.jpg

本日は見事な五月晴れ。午前中、郵便局に行くついでに、遠回りをして多摩川を散歩。ちょうどえぇ、ほんまちょうどえぇ季節です。平日ではあるけれど大型連休の空気がもわ〜っと漂っていました。サンバイザーや日傘をさしたご夫人もちらほらと。お天気がいいのは気持ちいいけれど、紫外線や日焼けが気になっちゃう♪お肌のケアに困っちゃう♪という方も多いと思います。僕はまったく気になりません!

高校のサッカー部の頃、練習や試合の前に、念入りに日焼け止めクリームを塗っているティームメイトをチラ見して『おまえは女子かっ!なに気取っとん!軟弱な肌しやがって!香川の片田舎で、なんで日焼けなんか気にしとんや!真っ黒になっとけよ!』(←ちょっと言い過ぎ)と、辛辣な言葉をひっそりと心の中で浴びせていました。そう、あくまでも心の中で。別にそのティームメイトが嫌いだったわけじゃありません。なんなら今でも仲良しです。...仲良しだと僕は思っています。

15歳の僕は、いったい何に苛立っていたのでしょうか(ナイフみたいにとがっては〜♪)。
日焼け止めを塗った友達が、なんだか少し大人に見えたのでしょうか(大人の階段上る〜♪)。
今では生活のために、あんなにバカにしていた、日焼け予防のお肌の断面図なんぞも描いております。なんだかすみません。がしかし、それでも僕は塗りません。
 
Client : 鈴木ハーブ研究所
Media : チラシ用 イラスト
 
 
 
by monday_panda | 2014-05-02 21:03 | works【 illust 】



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda