人気ブログランキング |
Top
考えて走るよりも。
AM 8:30。目覚めが悪い。
昨晩のアジアカップ、韓国戦の嫌ぁ〜な負けを引きずったまま、
東京に出てきた当初から参加させてもらっている、大学の先輩の会社の
フットサルチームの練習のために、スパイクやゲームシャツをカバンに
詰め込んで家を出る。

ボールを蹴りながら当然のごとく、話題は日本代表のこと。
自分勝手な意見をあーだこーだと口にする。

伝統の日韓戦。
今まで続く日本と韓国の間にどういう背景、歴史があるのか詳しいことは
正直あまり知らないけれど、韓国の選手の憎しみのようにも受け取れる
闘争心にはいつも驚かされる。激しく、熱く、猛々しい。
それに比べると日本の選手はどこかひょうひょうとしていて、クールに
スマートに見えてしまう。サッカーをする上で冷静にやるのは必要だけど。
そのクールさがギリギリの戦いの中ではマイナスに働くよーな気がしてしまう。

自分の中での本当の日本代表は、どうしてもドーハ組のままなのかもしれない。
15年前に比べると、技術、戦術、ほぼどの部分を取ってみても現在の方が
遥かに上だとは思うけれど、ただひとつ気持ちの部分はどうなんだろう。
1992年の広島でのアジアカップ。対イラン戦。
決勝点をたたき込んだカズの『足に魂こめました』という言葉。
今の代表にこんな言葉を真剣に言える選手がいるのかなと?

気合い。根性。大和魂。そんなもんで日本は成長してきたハズなのに。

考えて走るよりも。_b0115008_23371845.jpg

# by monday_panda | 2007-07-29 23:39 | football | Comments(2)
頭ん中は見えません。
大学ではビジュアルデザインを専攻していたこともあり、そのままの流れで、
広告を制作するデザイン会社で働きだして、もう4年目になる。
はたしてデザイナーなどという肩書きが妥当なのかどうかは疑問だけれど。

ということなので、たま〜に友達からデザインを頼まれたりすることがある。
先日も、高校のサッカー部の友達から電話があり、友達の嫁さんがオーナーを
勤めている美容室のショップカード(DM)を作ることになった。
どうやってお店のイメージをビジュアルに落とし込むか? なにも浮かばない。
その友達とあーでもない、こーでもないと話しながら、風船を膨らませるように、
顔を真っ赤にして必死になって、なんとかイメージを大きくしていく。

仕事をしていてもよく思うことだけど、イメージの共有というのは難しい。
言葉やサムネイルなんかで伝えられたものは、ひとりひとりが持っている
フィルタ−を通してアウトプットされるわけで、自分は『こうだ!』と思っても、
相手は『こうじゃないんだよ!』と言う。確かなものはどこにあるんだろう?

とにかく時間がない中でも、せっかく作るんだからいいものを作りたい。
自分だけの作品じゃないから、やっぱり依頼してくれた人が喜んでくれるものを。
自分の世界に陶酔して、自己満足に浸って、俺はデザイナーなんだよっ!
みたいなことにはなりたくない。なかなか客観視はできないんだけれど。

せかせかと頭と手をフル稼動。最終的に出来上がったものを見た友達は、
『ありがとー、ほんまカッコええわ!』と言ってくれた。

よかった。その一言を言ってもらえて。よかった。その一言が聞けて。

頭ん中は見えません。_b0115008_1543559.jpg

# by monday_panda | 2007-07-25 01:54 | design | Comments(2)
男女4人梅雨物語。
金曜日の深夜。土曜日の早朝。午前3時半頃に家を出る。
高校の同級生男女4人で『夏の思い出ぇ〜手をつないでぇ〜♪』
なんて口ずさみながら雨の中央道をひた走り、目的地の山中湖を目指す。

今回のキャンプの最重要企画であるウェイクボード。
パッツンパッツンのウェットスーツに身をつつみ、いざ湖上へ。
次々と成功し楽しそうに水の上を滑る友達を横目に『Let's Enjoy』なんて
余裕も持てないまま、ただひとり不安だけがムクムクと大きくなる。
ボートと水に、引きずり回され、弄ばれ、打ちのめされ、身も心も・・・。
初挑戦のウェイクボードは、楽しく素敵な夏の1ページなんてもんじゃなく、
僕の身体に1週間くらい続きそうな、重度の筋肉痛だけを刻み込んでタイムアップ。

その後、山梨の名物料理のほうとうを食べ、酒の量に悩みながら買い出しを済ませ、
コテージにチェックインするやいなや早起きと水遊びのせいか、夕方までお昼寝。
手際よくBBQの準備。そして乾杯!なんでもない会話でも讃岐弁だと心地がいい。
ゴロゴロお酒を飲みながらアジアカップを観戦。最後まで見届けることなく撃沈。
翌朝11時にチェックアウト。前日のテンションそのままに富士サファリパークへ。
まったく覇気のない肉食動物、以外と活発な草食動物にいちいちつっこみながら、
想像以上に満喫している27歳の4人組。旅の締めは地元の人おすすめの蕎麦屋へ。

帰りは東名で東京を目指す。『家に着くまでが遠足です!気を抜かないように!』
小学生の頃、遠足の度に耳にしたフレーズをなぜか思い出す。午後6時、無事帰宅。

27歳になる今年。高校の友達とのつき合いも10年以上になる。
結婚や転勤や帰郷や、いろいろな理由で会う機会の減る友達もたくさん
いるけど、とりあえずは今の環境がもう少しうだうだと続けばいいのに。
だらだらとまだ明けない、夏になるのを拒んでいる今年の梅雨のように。

男女4人梅雨物語。_b0115008_22561087.jpg

# by monday_panda | 2007-07-23 23:01 | daily | Comments(2)
笑う門には福きたる。
だいたいどこの学校にもクラスに絵のうまい奴が1人や2人いたように、
自分もきっとその絵のうまい奴のひとりだったと思う。
ベタに、将来はマンガ家になると思っていた時期もあったのは言うまでもなく。

幸か不幸か、ちょっと絵が上手いというただそれだけの理由で、
なんの疑いもなく美大を目指し、ふらふらと浪人生活を満喫し、
めでたく美大でのキャンパスライフを謳歌することとなる。

でも、いつかどこかのきっかけで、自分でも意識しないうちに、
プロのサッカー選手になるのは無理なんだと思い始めたように、
イラストに対しても同じ気持ちを持ってしまってた。そんな気がする。
クラスに1人はいる絵のうまい奴止まり。

まーそれでも、絵を描かなくなることなんてないんだと思う。
まーそれでも、自分のペースでがりがり描いてくんだと思う。

継続は力なり。

笑う門には福きたる。_b0115008_045877.jpg

# by monday_panda | 2007-07-19 02:15 | illustration | Comments(2)
その一言で。
いつものごとく特に予定もないせっかくの3連休。
台風と日曜のせいか、いつもは溢れかえっているホームも人はまばらだ。

カチカチと、別に用もないのにケータイを手の中でころがす。
ひと通りいじり終わって、しまおうとした液晶の日付けを見て、
今日は友達の誕生日だということに気がつく。

長々と中身のないメールをうってみる。消しては書き、入力しては消去する。
『おめでとう』の一言が余計な脂肪のついたお腹のように何百文字にも膨れ上がる。
地元、浪人、進学、就職。香川、大阪、石川、東京。
自分の環境が変わる度につき合う友達も変化する。
たまに会う友達は数えるほどで、もう何年も会ってない友達の方がはるかに多い。
自分から積極的に連絡をとろうともせず、歳を重ねるごとに疎遠になるけど
それでも、やっぱりどこかで気にはしていたり、時々は思い出したり。

『誕生日おめでとー』1年に1度のそのカンタンな短い言葉だけで
かろうじてつながっていたい友達もいるわけで。
『誕生日おめでとー』面と向かってだと、なんか照れてしまう
そのあたたかい一言だけで、つながってられる友達もいるわけで。

とても強い絆の話なんかじゃなく、簡単に切れてしまいそうな絆の話。

その一言で。_b0115008_1453151.jpg

# by monday_panda | 2007-07-15 23:34 | daily | Comments(2)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda