人気ブログランキング |
Top
タグ:お仕事 ( 100 ) タグの人気記事
illustration works 54
illustration works 54_b0115008_10141011.jpg

illustration works 54_b0115008_10134675.jpg

僕はスポーツ全般、やるのも観るのも大好きです。小3から続けているサッカーはもちろんですが、テレビでスポーツ中継をやっていると、とりあえず観てしまいます。オリンピックやワールドカップの時期はそりゃもう大変です。まったく興味のない競技でも観始めると最後、テレビの消し時が分からず、勝負がつくまで観るはめになります。野球、バスケ、バレー、フィギュア、テニス、ゴルフ、競馬、柔道、駅伝、マラソン、そして大相撲といろいろありますが、中でも相撲は年6場所、ほぼ欠かさず観ています。ごっつぁんです。

小学生の頃、近所の神社の小さなお祭りの行事で、子供相撲がありました。大会などではなく、その地区の子供たちが集まって、近所のおっさんが行司役で、同じ学年とか似た体格の子供同士で『はっけよい!のこった!』と相撲を取っていました。神社に投げ込まれたお賽銭から出てたんだと思いますが、勝てば100円、負ければ50円の少額の懸賞金も出ます。小学校を卒業するまでは、毎年、何番か取って数百円の小遣いを稼いでいました。当時はただお金がほしかっただけですが、そんなことも相撲が好きになる、きっかけだったのかもしれません。

初めて僕が好きになった関取は、第61代横綱の北勝海です。小学生ながら、なんだか相撲道へのひたむきな真摯な姿勢に、とても惹かれていた気がします。当時はウルフこと千代の富士が、強さも人気も別格だったけれど、相撲に限らず、強過ぎる王者はあまり好きにはなれません。一時期のサッカーにおけるブラジル、プロ野球の巨人も然りです。どこか負けるかもしれないという、あやうさをはらんでいるからこそ、人は声をあげ応援できるのかもしれません。北勝海以外でも、寺尾、隆三杉、旭道山、智ノ花、栃東、豊真将、旭天鵬、若の里、里山と好きな力士をあげればきりがありません。もうここ数年ずっと言われていることですが、そろそろ日本人の横綱も見てみたい。その前に日本出身力士に優勝してほしい。2006年の栃東以来、もう10年近く賜杯を掲げる姿を見ていないのだから。

そんな相撲好きの僕にとってはありがたいお仕事でした。両国国技館の売店で販売されている“大相撲ラスク”のパッケージに力士のイラストを描かせていただきました。秋場所は観戦に行くぞ〜という方、国技館にライブなんかに行くぞ〜という方はぜひ。

Client : 国技館サービス株式会社
Media : 大相撲ラスク・パッケージ
 
 
 
by monday_panda | 2015-07-24 14:55 | works【 illust 】
illustration works 53
illustration works 53_b0115008_23433949.jpg
illustration works 53_b0115008_23433267.jpg

東京での暮らしも、あっというまに10年が過ぎた。幼い頃から香川の片田舎で育ち、二十歳になるまで東京に足を踏み入れたことがなかった。23歳で上京する際、東京に憧れがあったわけでも、何か夢や希望があったわけでもない。むろん華の都・大東京で一旗揚げてやる!と意気込んでいたわけもない。上京の理由はただひとつ。東京のデザイン事務所にしか内定をもらえなかったのだ。上京当時、空の狭さに、人の多さに、街の明るさに、くらくらしていた。そして今も変わらず、くらくらしている。

遊びや仕事でふらりと出かけた時。電車の窓の向こうに、灰色のビルとビルの間に、尖った赤いヤツがチラリと見えることがある。晴れの日も、風の日も、雨の日も、変わらずそこにある。東京の空に向かってスッと立っている、尖った赤いヤツ。無意識のうちに、目で追ってしまう。東京生活1年目ならまだしも、10年以上経った今でも『今日も赤いなぁ~』なんて見たまんまの感想を抱きながら、見えなくなるまでずっとずっと見続けてしまう。

普段あまり悩んだり、凹んだり、深く傷ついたりすることもないけれど、自分の気づかないうちに、だいぶ心が疲弊していることもある。そんな時に、たまたま東京タワーを見かけると、なんだか少し気持ちが元気になるような、軽くなるような気がしている。感傷にひたるわけでも、ロマンチシズムというわけでもないけれど。そんなふうに感じる人は、きっと僕だけじゃないんだろうなと思ったり。様々な歌の中に“東京タワー”が出てくることも。東京タワーを題材にした、多くの読物や作品が作られたりすることも、そういったことの証明というか。そういう建物ってなかなか稀な存在だと思う。東京タワーが、今日もそこに静かに立っている姿に、なにげに救われている人って、意外に多いのかもしれないなぁ、なんてことを思った梅雨の終わり。唐突ですが、それではここで一曲!フラワーカンパニーズで『東京タワー』。



ということで、東京タワーのエレベーター(大展望台には行かない、フットタウン内を昇降する小さなやつ)の壁面に、もりもりとイラストを描かせていただいております。東京タワーに行く機会があれば、よかったら二度三度乗ってみてください。東京の街にある、いろんなランドマークも描いているので、いい暇つぶしになると思います。
 
Client : 日本電波塔株式会社
Media : 東京タワー・エレベーター壁面イラスト
 
 
 
by monday_panda | 2015-07-16 09:00 | works【 illust 】
illustration works 52
illustration works 52_b0115008_8572184.jpg
illustration works 52_b0115008_8572965.jpg

10代の頃に聴いていた音楽って久しく聴いていなくても、もうずっと身体の中というか、耳の奥の方にへばりついていて、たまにラジオからイントロが流れて来た瞬間とか、テレビの懐メロ特番なんかで流れているのを聴くと、無意識に口ずさんでしまいます。昨日、久しぶりにテレビをぼけぇぇぇ〜っと見ていたら、ゆずが『夏色』を全力で歌っていて、高校三年の時にアホみたいに聴いてたなぁ、なんてことを思い出し、なんだかとても元気になりました。

小学生の頃は音楽に興味なんてなかったけど、中学生になるとまわりの友達の影響もあり、ユニコーンやジュディマリ、ブルーハーツやリンドバーグなどなど、それなりに音楽に興味を持ち始めた気がします。少し色気づいて友達がバンドを始めたりするのも、中学生の頃だったと思います。アンプとセットの初心者入門のやっすいギターやベースをみんな買っていた気がします。その当時、バンドをやっている友達の家に遊びに行くと、必ず、X JAPANやLUNA SEAのポスターが貼ってあり、CDを聴かせてもらったりしました。みんながそういうビジュアル系バンドの音楽に傾倒していく中、僕はただひたすらに尾崎豊を聴いていました。行儀よく真面目なんてクソくらえと思っていました。当時、あまりそういったビジュアル系のロックバンドにピンとこなかったのは、その音楽性なのか、はたまた、あのビジュアルが苦手だったのか。もしくはみんなと同じ流行りものを聴くのが嫌で、ただ単にひねくれていただけかもしれません。

そんなことを思い出しながらのお仕事でした。本日27日、明日28日と幕張メッセで開催される、LUNA SEAが主催する〜史上最狂のロックフェス〜『LUNATIC FEST.』に出展しているnerds(ヘアサロン)のブースの看板にイラストを描かせていただきました。『クールでモードな感じで描いて』とご発注いただくも、普段、ほんわかした“ラブ&ピース”なイラストしか描いていないので、まったく描ける気がしませんでした。が、自分の中に眠る“セックス&ドラッグ&ロックンロール”な部分をなんとかかんとか絞り出して描いてみました。『LUNATIC FEST.』に行くぞ〜!という方はぜひ、nerdsのブースに遊びに行ってみて下さい。エクステやボディアートやネイルなど、全身ライブモードに最狂ロッカーに変身できるようです。

Client : nerds
Media : 看板
 
 
 
by monday_panda | 2015-06-27 10:50 | works【 illust 】
illustration works 51
illustration works 51_b0115008_0432823.jpg

生まれてこの方、髪にはほとんどお金をかけていません。34年間で床屋さんには10回も行ったことがありません。小学生の頃は両親に切ってもらい、中学生になると自分で髪を切るようになり、10代後半からはマイバリカンを使いほぼ坊主頭なので、美容室という場所にはまず縁がないのですが、美容サロン専門誌にイラストを描かせていただきました。なんだかどうもすみません。

以前、何の大会だったか忘れましたが、サッカー日本代表の試合を観ていた時のこと。スタメン11人の中で、誰一人として黒髪の選手がいないことがありました。そろいも揃って、茶髪に金髪。さらに見事にセットもされていて。確かに髪型ひとつで、物事に対してガラッと気持ちや姿勢を切り替えられるのも分かりますが。おまえら高校卒業したてか!やんちゃ盛りか!と思ったものです。そんなことも試合に勝てば気にはならないのですが、試合に負けたとなると、全員黒髪にして出直して来い!髪型気にする前にボールの行方を気にしろ!と思ってしまいます。彼らのカットを担当した美容師さん、そんな所にまで怒りが飛び火してしまって、どうもすみません。

そんな髪型ですが、人と相対した時に、その人物のキャラクターを形作るひとつの要素になります。簡単なイメージ戦略です。例えば、ヤンキーのリーゼントは相手を威嚇し、本人を二割増し強そうに見せます。高校球児の丸坊主も、規律正しさやひたむきさなどを見る側に印象づけます。また、政治家なんかもいい例で、多くの政治家は額が見える髪型です。おでこを出すことで威厳や聡明さを想起させると、昔、何かで読んだ覚えがあります。ものは言いようで、最近はもう、ただただ偉そうにずる賢く粛々と政策をすすめる人間にしか見えませんが。彼らのカットを担当した美容師さん、そんなふうにうがった見方をしてしまって、どうもすみません。

もうすぐ梅雨が来ます。そして夏も来ます。今年もバリカンが活躍する季節がやって来ます。
 
Client : 株式会社 髪書房
Media : サロン会員専門誌 NEXT LEADER
 
 
 
by monday_panda | 2015-06-02 15:53 | works【 illust 】
illustration works 50
illustration works 50_b0115008_17171921.jpg
illustration works 50_b0115008_17172895.jpg

新緑萌える五月。暑さ寒さもほどほどに。とてもよい季節。今週末の9日(日)10日(土)と日比谷公園にて開催される『第25回・みどりの感謝祭』。今年も昨年に引き続き、ポスターやパンフレット、ウェブ用にイラストを描かせていただきました。どうやら天気はいまいちスカッとしないようですが、GW中、あちらこちらで遊び倒して人ごみにはほとほと疲れた!という方、普段の生活の中では自然との接点がほぼほぼない!という方々、この機会に、みどりとふれあってみてはいかがでしょうか。GW中、誰にも会わず、言葉も発していない僕はというと、みどりよりもただただ人とふれあいたいです。
 
Client : 「みどりの感謝祭」運営実行委員会
Media : ポスター / パンフレット / ウェブ
Design : NCPクリエイティブ
 
 
 
by monday_panda | 2015-05-08 18:48 | works【 illust 】
illustration works 49
4月。新年度が始まりました。18歳の春、地元を離れ、なんだかんだで16年が経ちました。学生の頃は休みになると一目散で地元に帰っていましたが、社会人になると、年末年始だけしか帰省しなくなりました。僕の地元は香川県の西の方にある三豊市というところです。といっても地元にいた頃は市ではなく、三豊郡でした。いつのまにか7つの町が合併して、市になっていたというわけです。地元と聞いてイメージすることといえば、『田舎』『うどん』『ヤンキー』です。いまいちパッとしないイメージですが、そんな地元が僕は大好きです。
illustration works 49_b0115008_2139358.jpg
©MITOYO CITY

そんなイメージのひとつ“ヤンキー”ですが。三豊市にある、当時、僕の通っていた中学校にも、不良と呼ばれるような友達がいました。ヤンキー漫画ほど凶悪ではありませんが、まだまだ不良文化のようなものは残っている時代でした。学ランは短ランにボンタン。女子は引きずる程長いスカート。髪型はリーゼント、アイパー、ツーブロック。見事にペッタンコにされたカバンには『喧嘩上等』のステッカーが貼られ、机には『天上天下唯我独尊』の文字が彫られ。チャリンコはハイポストにカマハン。中学の周りを単車が爆音でやってきたり、校庭に入ってきたり。毎日のように授業中に誰かがキレて教室を飛び出していったり、友達が先生に殴りかかって取っ組み合いになったり。はたまた、友達が椅子を勢いよく振り上げる姿、好きだった女子が窓ガラスを素手で割る姿、新任の女性教師が大粒の涙を流す姿なんかも、今でも鮮明に思い出されます。とりあえず中学生がやりそうなやんちゃな出来事は、大体、身の回りで起こっていました。とにかく悪ぶりたい。友達にさえ強がってみせたい。行儀よく真面目なんてくそくらえ!と思っていました(尾崎か)。自分も含めみんな、そんなことがカッコいいことの証明、みたいな年頃だったような気がします。こう書いてみると、もの凄く荒廃した学校に思えますが、そんなこともあったということです。毎日、学校に行って友達に会うのはとても楽しかったです。

昨年末、そんな地元、三豊市のご当地ナンバープレートのデザイン公募に応募してみました。でもって、ありがたいことに、採用していただきました。そのナンバーの交付が4月より始まったそうです。20年前の自分たちだったら、こんなマーガレット柄のナンバーなんか『ダッせぇ〜!誰がつけるんや!』と一蹴していたとは思いますが...。きっと今ならすすんで付けてくれることでしょう。ということで、地元香川県三豊市にお住まいのみなさま、ご興味ありましたらぜひ、花柄のナンバープレートを。そしてもうひとつ、三豊市の婚姻届にも同じイラストが採用されています。自分にはまだまだ無縁の婚姻届ですが、ご結婚されるみなさまに、愛を込めて花柄を。

→ みとよHOTほっとNEWS
 
Client : 三豊市
Media : ナンバープレート
by monday_panda | 2015-04-09 10:06 | works【 illust 】
illustration works 48
illustration works 48_b0115008_21331593.jpg
illustration works 48_b0115008_21332388.jpg

友達みんなで飲んでいる時なんかに、たいして喋るわけでもないし、たいして楽しそうでもないし、いてもいなくてもどっちでもいいんじゃないだろうか?...でも、とりあえずいる。というようなキャラクターの人物がいたりします。そうです。僕です。いると別に気にもならないけれど、いないとなんかちょっと淋しいような、気になるような。ふわっと漂うオーデコロンのさりげない香りのような、その場の空間をなんとなく作っている一面のウォールペーパーのような、主張しない確かな存在感。そういうものに私はなりたい。サウイフモノニワタシハナリタイ。

ということで『簡単!やせ体質になる!ジャーのサラダレシピ/金丸絵里加』(枻出版社)にて、スタイリング用の壁紙と、扉ページのイラストを数点描かせていただきました。今回、友人フードスタイリスト遠藤文香さんと初めてのコラボお仕事。どうもありがとう。

ピローン!と文香さんからメール。みんなで飲みに行くぞー!というお誘いかと思いきや、自身の担当する新刊のスタイリングのために壁面の絵を描いてくれないか、というお仕事のご相談。普段、会うのは、ほぼほぼ酒場。いつもお酒を呑んでニコニコしている姿しか知らない。一度くらいは、お互いアルコールの抜けた状態で関わってみるのも面白いかなと、ありがたく承る。オーダーは絵画のような雰囲気のある絵柄とのこと。いつものパソコン作業とは違い、すべてが手描き。朝起きてから夜寝るまで、ひたすら大きな画用紙に絵の具を塗り重ね、絵の具にまみれる二週間。いくらでも量産できるデジタルとは違い、一枚しかない絵の力みたいなものを再認識させられる。

細かい所まで丁寧に筆を走らせた絵は、文香さんの朝の光を感じさせる爽やかなスタイリングの奥で、綺麗にボケております。そう、主張せず存在しております。サウイフモノニワタシハナリタイ。

しゃかりきに働き食事に気が回らない野菜不足の方、お腹いっぱい食べたいけどカロリーが気になる方、手軽に楽しく野菜を採れる一冊だと思います。レシピはもちろん、文香さんの愛らしい小物を使った素敵なスタイリング、ピンぼけのイラストも一緒に楽しんでいただけますと幸いです。ご興味のある方はぜひ。

Publisher : エイ出版社
Media : Book
 
 
 
by monday_panda | 2015-03-27 09:48 | works【 illust 】
illustration works 47
illustration works 47_b0115008_16561952.jpg

2014年も残すところ、あと40日。今年一年を振り返るには少し早い気もしますが、あと40日。あっちゅうまです。今年はお仕事で、ボツになるイラストがなかなか多かった気がします。まぁ、仕方がないかと思うこともあれば、理不尽過ぎるということもありましたが。どうにもこうにも...不器用ですから。しかし手先は比較的、器用ですから。不平不満を言ってる暇があれば、手を動かすしかありません。ただ腐らず一生懸命やるだけです。

ここ数日、健さん(知り合いか、馴れ馴れしいわ)の映像がテレビではずっと流れています。多くを語らず、ただ目の前の仕事に没頭し真摯に取り組む姿勢は、俳優というよりも、職人のように見えたりもします。立ち居振る舞い、言葉遣い、どこをとっても本当に格好が良い。本棚になんで買ったのかは忘れたけれど『あなたに褒められたくて』という高倉健のエッセイがあります。硬派なイメージの健さんも、誰かに褒められたかったのかと思うと、なんだか少し嬉しくなります。

この3、4年のうちに、工場見学なるものがブームとなり、様々なツアー内容や工場内部を特集したテレビ番組などを目にする機会が多くなった気がします。以前なら人の目に触れることのなかったお仕事が、多くの人から注目されるわけです。多少の弊害はあるかもしれないけれど、いいことだと思います。企業の宣伝効果にもなるし、そこで働く人のモチベーションにもつながる気がします。世の中に出る仕事の多くが、褒められることもなく、日々、黙々と働く人々の頑張りの上に成り立っていることを再認識させられます。

ということで、ISUZUの工場に掲出されるパネルのイラストを描かせていただきました。きっと、ごくごく一部の人の目にしか触れないけれど、見えないところからコツコツと。小さいことからコツコツと。そうしたお仕事を、いつか誰かに褒めてもらえるように。
 
Client : ISUZU
Media : 工場掲出用パネル
Design : Surf & Mountain
 
 
 
by monday_panda | 2014-11-21 10:10 | works【 illust 】
illustration works 46
illustration works 46_b0115008_7543895.jpg
illustration works 46_b0115008_7235338.jpg

学生時代、就職活動まっただ中、友人がとある企業の最終面接で『死ぬまで永遠に同じ一本の映画を観なければならないとしたら、あなたは何の映画を観ますか?』という質問をされたそうです。彼は迷うことなく『男はつらいよ』と答え、見事に内定を勝ち取りました。その質問がどれだけ重要だったのか、ただの雑談だったのか知る由もありませんが、『寅さん』を選んだ彼の気持ちがこの年になりよく分かります。今の僕が考えうる限り、最高の答えのような気がします。

世の中には『名画』と称される映画が数多く存在します。これを観ていない人間が、映画を知った風に語るな!というような作品が洋画にも邦画にもゴロゴロあります。チャップリン、ヒッチコック、キューブリック、黒澤明、小津安二郎、木下恵介。はたして何を持って、誰にとっての名画なんでっしゃろか?と。僕はそういった映画をほとんど観ていません。大ヒットした映画が面白いとは限らないし、巨匠と呼ばれる監督が撮った映画すべてが、素晴らしいとは限りません。でも、観たら観たでなんだかんだ、納得させられてしまいそうだけれど。タイトルも忘れた、ストーリーも思い出せない、それでもずっと消えないワンシーンがある。意外にそんな作品の方が、誰でもない自分にとっての大切な一本になっているのかもしれません。

そんな自分にとっての最上の一本に出会えるかもしれない、第27回東京国際映画祭が、10月23日(木)~31日(金)まで開催されます。その中の共催企画のバリアフリー上映『映画の未来』。昨年に引き続き、今年もポスターとチラシにイラストを描かせていただきました。上映作品は周防監督の『舞妓はレディ』です。
まだまだ世間に認知され、当たり前になるには時間のかかる活動だと思いますが、一歩一歩、歩みを始めているバリアフリー映画の未来を体験してみてはいかがでしょうか。ご興味のある方はぜひ。
 
Client : 一般社団法人日本映画製作者連盟公益財団法人ユニジャパン
Media : B2ポスター/B5パンフ
 
 
 
by monday_panda | 2014-10-11 10:07 | works【 illust 】
絵描き道。
絵描き道。_b0115008_0322557.jpg

三年以上も放置していたホームページを、リニューアルしました。(パンパカパ〜ン!)
お時間ある時にでも、お茶でもすすりながら覗いてみてください。(舌の火傷には注意して!)
お暇な時にでも、煎餅でも口一杯に頬張りながら、ご覧ください。(喉に詰まらせないように!)
気持ち新たに、過去をリセットしてイラスト業に精進いたします。(かっ、過去に何が...?)
ふんどしを締め直して、ネジを巻き直して絵描き道に邁進します。(ふんどしは着けてません!)
夏休みが終わります。お仕事をください。

新装開店! → www.taroeimoto.com
 
 
 
by monday_panda | 2014-08-31 10:38 | illustration | Comments(0)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda