人気ブログランキング |
Top
タグ:映画 ( 15 ) タグの人気記事
ちっさな太陽。
『Little Miss Sunshine』
めずらしく洋画を観る。
ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督作品。
ファミリードラマとロードムービーをミックスしたような、
第79回アカデミー賞で、助演男優賞と脚本賞をとった作品。

あまり洋画を見ることがなくて、特に大爆発するのとか、人をボッコボッコ
にするのとか、変な生物が侵略してくるのとか、人造人間とかロボットとか、
そういう派手で規模や枠の大きなものにあまり魅力を感じない。
それはたぶん自分の生活の中では、まず遭遇しない場面や状況であって、
登場人物をリアルに意識できないというか、逆にいうと、当たり前に、
人が人として描かれていて、自分の生活してる世界の、知らない場所で
起こっている場面だと感じられるものの方が、どうしても好きみたいだ。
でも、映画の楽しみの1つには、普段の生活ではありえないものを
求めるというのも分かるけど。

アリゾナに住むフーヴァーファミリー。娘のオリーブがミスコンに
出場することになり、ボロボロのワーゲンバスに乗って家族全員で
カリフォルニアを目指す。
頭でっかちな口先だけの成功論をふりかざす成功論提唱者の父、
過激なことを好き勝手言いたい放題で、ヘロイン常習者の祖父、
部屋にこもり頑なに沈黙を守り通している、家族が嫌いな息子、
ポッコリお腹で眼鏡だけどビューティー・クィーンを夢見る娘、
ゲイで失恋がきっかけで自殺を謀ったブルースト研究者の伯父、
こんなギクシャクした家族を、どうにかしたいけどできない母、
の6人の家族の、家のダイニングで、ハイウェイの車の中で、
サービスエリアで、モーテルのベッドで、病院の廊下で、
そしてリトル・ミス・サンシャイン・コンテストの会場で起こる、
ちっさな、そしておっきなハプニングを通して、
バラバラだった家族が、日常のささいな出来事の積み重ねで
埋もれてしまった、家族の絆や愛を再確認していく。そんなお話。

コンパクトにまとまった、ユーモアと優しさのある一本でした。

ちっさな太陽。_b0115008_2254920.jpg

by monday_panda | 2007-11-28 23:52 | movie | Comments(4)
真っ青な空ではなくて。
先日の3連休、特に予定もなく、部屋でゴロゴロするのももったいなくて
とにかく外に出ようと、チャリンコに乗って近所をプラプラ。
久しぶりに映画館で映画でも見ようかと思い、JRの蒲田駅の西口から続く、
サンロード蒲田という商店街の中にある映画館、『テアトル蒲田』へ。
1階にはスーパーマーケット、3階にはネットカフェ、なんかが入っている
ビルの4階で、昔ながらの佇まいでひっそりと映画を上映している。

『包帯クラブ』
天童荒太原作、堤幸彦監督。柳楽優弥、石原さとみ、主演。
ここのところ、よくテレビでプロモーションをしてて、それに影響されたのか、
特に迷いもなく、暇そうにしてるチケット売り場のおばちゃんにお金を払う。

関東近県の中都市に住む十代の男女が始めた、『傷ついた出来事を投稿、
傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行く、手当てした風景をデジカメ
で撮影、そしてその写真を投稿者へ送る』というネットを使っての活動。
ディノ、ワラ、タンシオ、ギモ、リスキ、テンポ、登場人物のあだ名もいい。
他人の傷を癒すことで、自分自身の傷から目を逸らすことが出来なくなり、
それぞれが抱えた込んだ、見て見ぬふりのまんまだった、なかなか瘡蓋にも
なってくれない傷と、真剣に向かい合わなければいけない時期がくる。
そのタイミングを逃したら、一生消えない傷が残ってしまう。
街中に包帯を巻く行為が警察沙汰になったり、「自己満足だ」「偽善だ」と、
クラブのHPに書き込まれる中傷の言葉に、クラブ活動は存続の危機に。

10代の頃に自分も感じてた、不安定な感情や、無意味なコンプレックスや、
自分達を中心に世界が回ってるなんていう錯覚や、根拠のない自信や、
それらを改めて目の当たりにすると、とても大事なものだったんだな。と。

あま過ぎず、せつな過ぎず。

真っ青な空ではなくて。_b0115008_119184.jpg

by monday_panda | 2007-09-27 01:19 | movie | Comments(1)
ゆるやかなじかん。
東京に出てきて3年と半年。
3年と半年前の春、土地勘のまったくない僕は、会社まで乗り換えなしで
一本で行ける路線の走っている町に住もうと決めて、『平和島』という
駅名だけに惹かれて今のアパートを借りた。
今はもう引っ越してしまった大学の同級生や先輩も、以前は大森界隈に
住んでたので、アパートからチャリで15分くらいの蒲田で、
よく明け方まで飲んだり飲まれたり。

そんな東京の中では一番馴染みのある街、蒲田を舞台にした映画
『やわらかい生活』を見る。廣木隆一監督。出演・寺島しのぶ、豊川悦司。

ざっくりした流れは、主人公が身近な人の死をきっかけに鬱病になり、
引っ越して来た『粋』のない下町蒲田で、4人の男と関わりながら、
少しずつ、少しずつ再生していくというお話。
主人公は躁鬱病の30代の女性。を取り巻くのは、どこかとぼけているけど
大きくてあったかい従兄、粋がってはいるけどまだ幼さの残るヤクザ、
決してリスクは犯さない趣味のいい痴漢、EDで議員の大学の同級生。の男達。
どの登場人物からも微かに、でも確かに漂う孤独の匂い。
結局、人は『ひとり』なんだということを、それとなく意識させられる。
きっと人はそんなもののせいで、くっついたり、離れたり、傷つけたり、
優しくしたり、あがったり、おちたり、するのかな。なんて。思ってみたり。

人は多いけど、華がなくて、薄汚れていて、寂れかかった、愛すべき街・蒲田が
普段よりも粋で味わい深い街に見えるのは、やっぱり映画のせいなんだろうか。

ゆるやかなじかん。_b0115008_143454.jpg

by monday_panda | 2007-09-06 23:42 | movie | Comments(1)
ちいさなしあわせ。
急に秋っぽくなってしまった土曜日の昼下がり、
森田芳光監督・脚本の 『 間宮兄弟 』 を見る。原作は江國香織の同名小説。
出演は佐々木蔵之介・塚地武雅。常盤貴子、沢尻エリカ、北川景子などなど。

いい歳なのに、一緒に野球を観戦して、一緒に映画を観て、一緒に銭湯に入って、
一緒に夕飯を食べに行って、一緒に寝て、一日の終わりにはふたりでそろって反省会。
女っ気のない生活を送っている2人が、気になる女性を自宅に招いて、パーティを
してみたり、不器用にかなわぬ恋に突き進んでみたり、そしてフラレたり、と、
少しオタク要素のある、とっても仲のいい兄弟の穏やかな日常を描いた作品。

僕はこんなに仲のいい兄弟に会ったことがない。自分にも4つ離れた妹がいるけど、
会うのは1年に1度だけ、ここ何年かはまともに話した記憶もない。兄妹なのに。
妹がどんな仕事をしていて、どんな恋愛をしていて、どんな毎日を送っているか
なんて、知らないし、まったく興味もないけど、まっ、たまにはメールでも
してみようかなぁなんてことを、映画を観終わって思ってしまった。

最終的には、戻れる。帰れる。心地よくて、大きくて、何があっても
ブレない絶対的なものだと分かってるから、ちょっとハミだしたり、
ちょっと逆らってみたり。家族や兄弟ってそんなもんなのか。な。

すばらしいじゃないかっ、兄弟愛。

ちいさなしあわせ。_b0115008_23342933.jpg

by monday_panda | 2007-09-01 23:53 | movie | Comments(1)
やさしいきもち。
金曜日の夜。
高校時代の友達と終電までの2時間だけ、目黒の安いチェーン店で飲む。
いつものように、『ほなのぉ』と別れて、家に着いたのが24時30分。
26時までに返却しなければならないDVDを、あわててプレステ2につっこむ。

『海でのはなし。』
大宮エリー初監督作品。宮崎あおい、西島秀俊主演。
監督は広告畑出身の今注目の気鋭のクリエイター。
スピッツの耳に馴染んだ優しい歌に合わせて、物語がゆっくりと進んでゆく。
スピッツの歌から、この映画の企画が始まっているということもあって、
歌と映像が対等な関係で扱われている。が決してPV的なものではない。

簡単に言えば、公式HPにもあるように、ちいさなちいさなラブストーリー。
他人からすれば、なんてことないんだろーけど、きっと誰もが海での、
懐かしく、忘れてしまうにはちょっともったいない思い出があるはずで。
恋とか友情とか、そんなもんじゃなくて、静かに打ち寄せる波のように、
同じところにあっても絶えず揺らめいているような優しい感情。
映像自体に、目を見張るような強さはないものの、台詞の端々に
確かな優しさが見え隠れして、年甲斐もなく甘酸っぱい気持ちになる。

そんな余韻に浸ったまま、『新しい季節は なぜか切ない日々で〜♪』
なんて口ずさみながら、ビデオ屋までの薄暗い道を自転車で駆け抜ける。

やさしいきもち。_b0115008_23381999.jpg

by monday_panda | 2007-08-18 23:38 | movie | Comments(2)



イラストレーター栄元太郎のブログ。イラストや写真や言葉。溜まったものを、ぽこぽことアウトプット。
by monday_panda